サクラクエスト 10話感想 凛々子が一人思い悩む回でした

サクラクエスト 10話 婚活ツアーを盛り上げるため、由乃達が動き出す



サクラクエスト 10話の
あらすじと感想です。

9f6d8b7b.jpg


前回はしおりが活躍する話でした。



観光協会と商店会のイベントが同じ日に
なってしまった事に対し、自分が仕切らせて
もらうと言ったしおりは、間野山で親しまれ
ているそうめんを題材に、大そうめん博の
アイディアを考え、商店会の千登勢からも
了承を得ます。



そして観光協会が出すそうめんの新メニュー
を考えたり、熊野と姉のさゆりとの仲をとり
持ったりと、人と人の間をつなぐ役目を見事
にこなしてみせました。少しおっとりして
いるところはあるけど、やる時はやるって所
を見せてくれましたね。



今回は、青年会で企画した婚活ツアーの案内
役を由乃達がやる事になったところから
始まります。その中で凛々子が一人悩む姿が
描かれます。



以下、10話のあらすじです。

スポンサーリンク




サクラクエスト 10話 あらすじ



(子供の頃からずっと変な子って言われて
 た。みんなと一緒に笑えなかった。)



アンジェリカで夕食を兼ねた飲み会をする
由乃達五人。いつしか話はオレンジ
ジュースに塩辛とか意外な組合せの食べ物
の話になります。しかり凛々子の携帯に
千登勢からのメールが届き、しおりの車で
帰る事になりました。

f52f1a8f.jpg


車の中で
「しーちゃんは残れば良かったのに。」
と言う凛々子。しおりは逆に
「うちもお祖父ちゃんが心配するから。
 凛々ちゃんも本当はもっとみんなといた
 かった?」
と聞いてきます。それに対し
「別に。」
と素っ気なく返す凛々子ですが、しおりは
「由乃ちゃん達と知り合ってから
 凛々ちゃん変わったよね。元気に
 なった。」
と言います。凛々子は
「私、変わったのかな?」
と言うのでした。

bb6f4829.jpg


翌日、由乃は「どんと恋間野山」と書かれた
ちらしを丑松から渡されます。青年会の独身
部メンバーが中心になって企画したお見合い
ツアーとの事。丑松は
「応募してきた女性がたったの三人だった
 らしくての。独身部部長の金田一が泣き
 ついてきおった。」
と言い、金田一が
{どうすれば都会の娘が間野山に嫁ごうと
 思ってくれるんでしょうか!?」
と言ってきた事も明かします。
「何だか切実ですね。」
と言う由乃に、丑松は
「そこで国王の出番じゃ。都会の若い娘の
 ハートをがっちり掴み、逃げられなくする
 んじゃ!」
と言ってきました。



という事で、間野山滞在中のイベントを
考える事になった由乃達。参考に青年会の
日撮った地が考えたアイディアは「貸し
切りバス車内デュエット選手権」や「ドキ
ドキ占いでランチ@アンジェリカ、運命の
赤いそうめんは誰かとつながっている」等
ビミョーなものばかり。思わず早苗が
「これ、本気でやるつもりだったの?」
と漏らす有様でした。



五人は滞在中のイベントを考えたり町をまわ
るコースを決めたりするために、車で町を
まわります。真希はシャッターを降ろした店
が多い商店街を見ながら
「こういう風景はあまり見せない方が良く
 ない?」
と言いますが、由乃は
「そこは正直にありのままを見せないとダメ
 だよ。」
と返します。早苗が
「古民家に泊まってもらうってのはどう?私
 の住んでたとこ、まだ借り手見つかって
 ないみたいだから。」
と提案すると、しおりは
「それいいかも。他じゃ体験できないような
 ツアーにしたいよね。」
と言って賛成します。

6a664554.jpg


由乃は凛々子に
「凛々子ちゃん、何かある?」
と話を振ります。すると凛々子は
「吸血ヒル体験ツアー。悪い地を吸わせる
 デトックス。インドの伝統医学アーユル
 ヴェーダでも取り入れられている。」
と返します。由乃は
「ドクターフィッシュ的な?」
と反応しますが、真希や早苗は反応せず
ちょうど通りかかった酒屋を見て真希が
「ここの造り酒屋の日本酒、結構いける
 んだよ。」
と話を変え、早苗も
「日本酒ブームだし、利き酒イベント
 なんかもいいかもね。」
とそちらの話にのります。



さらにしおりが
「あそこの山、蛍がたくさん飛ぶ川がある
 の。都会の人は絶対びっくりすると
 思う。」
と新しいアイディアを出して、早苗も
「いいわね、蛍まみれの夜。」
と反応。そんな感じでみんなが話しながら
アイディアを出し合いますが、凛々子は
なかなか話に入っていけませんでした。

311cd2f4.jpg


出し合ったイベントのアイディアをまとめ
た後、五人は丑松の家に行きました。案を
見て
「うむ、いいではないか。」
と言う丑松ですが、由乃は
「でも何かが足りない気がするんですよ
 ね。」
と返します。それに対し丑松の奥さんが
「間野山踊りなんてどうかしら?この土地
 に古くから伝わる踊り。間野山の女の子
 達はみんな子供の頃に習うの。」
とアイディアを出してくれました。



「それ、いい!地域に伝わる伝統芸能。
 ツアーの女の子達にも教えてあげて、
 みんなで踊ったら楽しそう!」
と大賛成の由乃。凛々子は
「私、踊れない。」
と言いますが、由乃は
「大丈夫だよ、凛々子ちゃん。私だって
 踊れないから、みんなで練習して踊れる
 ようになろう。」
と凛々子を誘います。そこへしおりが
「由乃ちゃんには私が教えてあげるよ。」
と言います。
「おお!しおりちゃん直伝!」
と大喜びの由乃。

6d505958.jpg


しかし凛々子はその中には入ろうとせず、
「私、やっぱり国王みたいになれない。」
と言います。しおりが気を遣って
「凛々ちゃん、そういうの苦手だったもん
 ね。無理に踊らなくても私達が踊るから
 だんないよ。」
と言ってくれますが、
「今日はもう帰らなきゃ。」
と言い、由乃の
「じゃあ私、送ってくよ。」
との話も
「いい。まだバスがあるから。」
と断って、帰っていきます。



途中までは丑松の奥さんが送ってくれまし
た。
「凛々子ちゃんはどうして踊れないん
 だい?」
という奥さんの問いに
「伝統だからとかみんながやってるとか、
 そういうの嫌い。」
と答える凛々子。しかし奥さんはそれを
とがめる事もなく言いました。
「フフッ、うちの人とそっくり。私は好き
 よ。そういうちょっと人とは違った
 子。」



家に帰ると千登勢が声をかけてきました。
「おかえり。青年会のお見合いツアーに
 協力してるんだって?連中には可哀想
 だけど、うまくいきっこないさ。」
と言う千登勢に
「おばあちゃん。私、変わった?」
と聞く凛々子。千登勢は
「何かあったのかい?凛々子は凛々子。
 無理せずそのままでいいんだよ。」
と言いました。

65a87f10.jpg


部屋に戻った凛々子は子供の頃の事を思い
出します。絶滅したアノマノカリスを粘土
で作っていたところをしおりに声をかけ
られ、友達になった事。しかしそれ以外の
子とはなかなか親しくできず、間野山踊り
のために笑おうとしても笑顔を作れず、
みんなの踊りをただ見ているだけだった
事を。

2710f8e9.jpg

そして「どんど恋!間野山婚活ツアー」の
日がやって来ました。由乃達がアテンド役
で、由乃と真希が駅で待っていると、
ツアーの参加者らしき三人の女性がやって
来ました。

1acf0f02.jpg


「念のため確認ですけど、私達三人だけ
 ですか?」
と聞いてくるツアー参加の女性達に
「はい。皆さんが来てくれなければ中止に
 なるところでした。あっ、どもここは
 前向きに考えて、逆ハーレムっていうか
 素敵な間野山男子をよりどりみどりです
 から。」

と由乃は答え、三人をバスへ案内します。

b28d0538.jpg


運転士は高見沢でした。三人のうちの一人

「ちょっとカッコいいかも。」
と反応すると、高見沢は
「今日の私はただの運転手ですので。
 しかしお姫様たちがお望みとあれば。」
と一言。しかし由乃に
「高見沢さんは妻帯者でしょ。ダメです
 よ。」
とたしなめられてしまいます。少し
がっかりした様子の女性達に由乃は
「大丈夫です!これから素敵な青年会の
 人達が目白押しで待ってますから。」
と言います。真希からは
「素敵かどうか保証できないけど。」
と突っ込まれますが。

3ee5b3eb.jpg


バスでアンジェリカまで行き、そこで最初
のイベント、ウェルカムランチパーティー
が開かれました。青年会の平、柿村、渋川
の三人が待っていて、それぞれ自己紹介を
します。三人のビミョーな自己紹介に顔を
引きつらせつつ
「昼間は青年会の方々も仕事があるので、
 とりあえずランチには来られる人だけ
 って事ですので。」
と説明する由乃。そしてこの日のランチ
「運命の赤い糸そうめん定食」が出され
ました。

04e9e867.jpg


そこへサンダルさんがバイオリンで結婚
行進曲を弾きながら登場します。女性陣は
「イケメン。」
「しかも北欧系。」
と揃って反応。



ランチが終わった後、ツアーの女性陣と
平達三人はバスに乗って、青年会の人達が
働いている商店街へ向かいますが、なぜか
サンダルさんも乗っていました。当然、
平達は不満げです。一方、
「あの人も青年会なんですか?」
と聞いてくる女性陣の一人。由乃は
「これ、お見合いツアーなんですけど、
 わかってますか?」
と聞きますが、サンダルさんは
「ハッケヨーイ!」
と相撲のマネ。あまりわかっていないよう
でした。

deb26612.jpg


商店街は今までなかったようにたくさんの
人が群がっていました。噂を聞きつけた
隣町の青年会独身部も視察という名目で
来ているそうです。その様子を見て
「野獣の群れ。」
と言う凛々子。

e5cc9489.jpg


やがて商店街にバスが到着し、女性陣三人
が降り立ちました。このツアーを企画した
金田一は
「かわいい・・・。」
と言い、元気よく
「青年会独身部部長の金田一です!
 よろしくお願いします!」
と挨拶します。そして女性陣のうちの一人
の肩にそうめんがついていたのを見つけて
取ってあげて
「まるで二人を結ぶ赤い糸のようです
 ね。」
と言いました。

23fc7fd9.jpg


婚活ツアーはそのまま商店街の案内に移り
ました。店の窓越しに見ていた千登勢は
「まったく、なんでわざわざ他所から呼ぶ
 んだろうね。」
と吐き捨てた後、凛々子に
「まだかかるのかい?」
と聞いてきます。凛々子は
「このあと桜池に行ってバーベキューして
 間野山踊りを見せる予定。」
と答えます。



千登勢が
「お前も踊るのかい?」
と聞くと、凛々子は
「踊らない。」
と答えました。



やがて日が暮れて、桜池公園で
バーベキューが始まりました。たくさんの
青年部が参加する中、金田一達と女性陣
三人との会話も盛り上がっていました。
「三人はお友達なのですか?」
と聞く金田一に女性陣の中の一人が
「会社の同僚です。聖美先輩、大失恋した
 ばっかなんですよね。」
と答えます。話題に出された聖美が
「ちょっと泉、そういう事は」
と言いますが、金田一が
「俺が忘れさせてあげますから。」
と一言。

caba5e0f.jpg


他の男性陣からは
「何抜け駆けしてるんだよ。」
「というより、いまどきそのセリフはない
 でしょ。」
と反発が。女性陣は
「ドラマでも言わないよね。」
「でも逆に新鮮。」
とからかい半分に言いますが、言われた
聖美は
「そうね。」
といいながらまんざらでもない様子でした。



その様子を見て
「良かったー。盛り上がってるね。」
と言う由乃。横にいたサンダルさんも
「最初はどうなる事かと思いました。」
と言いますが、由乃はすかさず
「サンダルさんが言いますか。」
と突っ込みを入れます。



しかしサンダルさんは思いの外神妙な顔で
「私は探してます。恋人達がロマンチックな
 時間を過ごす場所。遠い遠い昔の
 思い出。」
と言い、由乃が
「思い出。」
と聞き返すと
「私は二人の生きた証を見つけたいの
 です。」
と意味ありげな事を言いました。

2c7bd41a.jpg


そこへしおりから
「由乃ちゃん、準備できたよ。」
と声がかかり、浴衣姿の由乃、しおり、
早苗、真希の四人が前に出て、音楽にあわせ
て間野山踊りを踊ります。凛々子は一人、
その姿を見ていました。

6f3f2b33.jpg


四人の踊りを見る聖美に金田一は
「この土地に古くから伝わる踊りなんです
 よ。」
と説明します。さらに横から突然丑松が
聖美に近付いて
「その昔、間野山には恐ろしい龍が住んで
 おったんじゃ。」
と言います。



金田一が
「ちょっと会長。何脅してんですか。」
と丑松を止めようとしますが、丑松は
「脅してなどおらん。間野山踊りの歴史を
 知ってもらうには大切な事じゃろ。確か
 このあたりにも龍を祭った石像があった
 はずじゃ。」
と言って、止めるそぶりは見せません。



少し怯えながらも
「龍、ですか?」
と聞く聖美に、丑松は話を続けました。
「他所からやってきた龍は娘の姿に化けて
 池に住みつきおった。じゃが龍は賑やかな
 事が嫌いじゃった。じゃから陽気な音楽と
 踊りで騒いでおれば近付いて来ん。間野山
 の踊りはその龍を近付けないようにする
 ための踊りなんじゃよ。」



その話を、凛々子も聞いていました。凛々子
は何も言わずに、バーベキュー会場から
離れていきました。



凛々子が去っていくのを由乃は気付いていま
した。踊りが終わって着替えた後、丑松に
「会長、凛々子ちゃんは?」
と聞きますが、何も知らない丑松は
「気分が悪そうじゃったから、先に帰った
 んじゃないか?」
と答えます。心配する由乃達ですが、やがて
雨が激しく降ってきました。



激しい雨に雷まで鳴る中、雨宿りする場所を
探すバーベキューの参加者達。そのうちの
由乃、しおり、金田一、聖美、渋川の五人は
小さな屋代のようなところに入りました。



激しく降る雨を見ながら
「そういえば、龍って水を司るんですよ
 ね。」
と言う渋川。金田一は
「バカ、不安がらせてどうする。」
と止めます。しかし聖美は気にする風でも
なく、屋代に置いてある石像を見て、言い
ます。
「これってさっき会長さんが話してた龍の
 石像。手入れも何もされてないみたいです
 けど。」


その時、近くに雷が落ちます。聖美は驚いた
拍子にその石像を倒してしまいます。そして
ちょうど首の部分が折れてしまいました。
「マズいだろ。これ。」
と言う金田一。

0d7c2ef3.jpg


一方、桜池からは謎の人影が・・・。



その頃、雨でずぶ濡れになった凛々子は、
一人、バスを待っていました。

ab9a77fa.jpg


サクラクエスト 10話感想 龍の話に自分を重ね合わせてしまった凛々子でした



2週遅れて、凛々子のお当番回です。



青年会独身部によって企画された婚活ツアー
のアテンドに由乃達が引っ張り出される話
でした。結構こういうツアーってあるんです
かね。隣町の独身男性も来て、結構な賑わい
だったようですが。一方、参加された女性陣
もどこかビミョーな(失礼)デザインがされ
ていて、わかってるといえばわかってるな、
と思ってしまいました。



そんな中、凛々子はなかなか話に入れない事
もあって、一人でいる事が多かったのですが
そこへ丑松から間野山踊りの由来を間接的
ながら聞かされて、余計に疎外感を感じて
しまう事になります。



昔から周りの子達とは興味を持つ対象が
違っていて、一人でいる事が多かった
凛々子。そんな凛々子にとって間野山踊りは
自分が周りと馴染めない象徴みたいな感じで
捉えていたのかもしれませんね。だから今回
間野山踊りを踊る事になっても、自分が出来
ない事を理由に拒絶してしまった。で、そこ
に丑松の話ですから、周りから遠ざけられた
龍と自分を重ね合わせてしまったのは自然な
事だったのかもしれません。



さらにそんな思いに輪をかけていたのが由乃
の存在だったようです。他所からやってきた
ばかりなのに何故あんな簡単に周りと溶け
込めるんだろうという羨望の思いはあった
かもしれませんね。次回はそんな凛々子と
由乃の絡みが注目です。



↓↓↓よろしければこちらをクリック
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


(関連記事)
 サクラクエスト 9話感想 しおりが「取り持ち大臣」を辞任した回でした(笑)
 サクラクエスト 8話感想 しおりがいろいろと考える事になった回でした
 サクラクエスト 7話感想 真希がほんの少しだけ前に踏み出せた回でした
 サクラクエスト 6話感想 真希としおりが心穏やかでない様子が描かれた回でした
 サクラクエスト 5話感想 間野山駅に町興しに向けた小さな一歩が刻まれた回でした
 サクラクエスト 4話感想 早苗が過去の挫折を思い出してしまう回でした
 サクラクエスト 3話感想 由乃が国王としての所信表明をする回でした
 サクラクエスト 2話感想 由乃が最初の試練に立ち向かう話でした
 サクラクエスト 1話感想 由乃が町おこしに巻き込まれる話でした

この記事へのトラックバック