小林さんちのメイドラゴン 9話感想 カンナが運動会で頑張る話でした

小林さんちのメイドラゴン 9話 運動会を控えて張り切るカンナ。しかし小林さんは・・・



小林さんちのメイドラゴン 9話の
あらすじと感想です。

8eebb31d.jpg


前回は、エルマが初登場した回でした。
調和を重んじる勢力の一員で、トールとは
犬猿の仲だとか。実際、トールと一触即発に
なりますが、小林さんの一言を受けたトール
が上手くエルマをいなしてましたね。エルマ
はエルマで、小林さんからもらったクリーム
パンやコロッケに感動したり、小林さんが
いる会社に入ったもののPCをろくに触れなか
ったりと、いろいろとポンコツなところを
見せてくれました。



一方で、小林さんとトールの距離感がテーマ
になった回でもありましたね。距離感が近く
なったがゆえにつまらない事でケンカしたり
逆に小林さんとエルマが仲良く歩いている
ところを見たトールが距離感を見失って、
それに対して小林さんが自分の気持ちとかを
話してトールをなだめたりと、二人の距離が
少しずつ縮まっているのが感じられた回
でした。



今回は、ガラッと話が変わって、カンナの
運動会の話。カンナファンにはたまらない回
だったのではないでしょうか。



以下、9話のあらすじです。

スポンサーリンク





小林さんちのメイドラゴン 9話 あらすじ



秋のある日、小学校では運動会のプリントが
配られました。カンナが才川に何をするもの
なのか聞くと、才川が教えてくれました。
「運動会っていうのはとーっても楽しい
 イベントなの。かけっことか、玉入れとか
 綱引きとか。他にもいーっぱいクラスの
 みんなで頑張るの。お父さんとお母さんも
 来るのよ。一緒にお弁当も食べるの。
 カンナさんは運動も得意だから、きっと
 ヒロインになれるわよ。そしたらあの
 お母さんにも褒められるわよ。」



その話を聞いて
「おー。」
と張り切るカンナ。しかし小林さんに運動会
の事を話すと、小林さんに
「その日仕事。無理。」
と言われてしまいます。

4b41f7cb.jpg


諦められずにソファに寝転がる小林さんに
「小林ー。仕事休んでー。」
と頼むカンナ。トールに
「カンナ。小林さんはデスマ中でハデスと
 対面しそうなんです。諦めなさい。」
と言われても
「やっ。」
と言って聞きません。トールが
「わがまま言わない。私だけでも行って
 あげますから。」
と言っても、トールが思わずキレてしまう
ような顔をするばかりです。
「才川はお父さんお母さんと一緒って言って
 た。トール様はお姉さんっぽい。小林は
 お母さんっぽい。」
とあくまで小林さんに来てもらいたいよう
です。



「お母さんって私そんな年でも。」
と言いかけて
「いや、昔のクラスメイト何人か子供いる
 らしいけど。」
と言って落ち込む小林さん。



そんな調子でなかなか色よい返事がもらえ
ないので、カンナは
「もういい!」
と言って部屋に戻ってしまいました。



「親が来る来ないってそんなに大事かね。
 そもそも私、別にカンナちゃんの親って
 わけでもないし。」
と戸惑いながら言う小林さんに、トールは
「でもカンナは小林さんを親のように
 慕っているフシがありますよ。」
と言います。



小林さんは
「私そんな立派な大人じゃないんだけど
 なぁ。運動会、私の親揃って来た事
 なかったよ。仕事で忙しかったし、家族を
 支えるためって私も理解してたし。」
と言いますが、トールは小林さんにカンナの
親の事を話しました。



「カンナの親は基本放任しています。
 ドラゴンは勝手に強く育つと。
 カンナカムイの名まで付けた以上は強く
 生きねばならないと教えられてきたので
 しょう。でもカンナは親の気を引くために
 悪戯を繰り返しました。挙句、この世界に
 飛ばされて。だからああして小林さんに
 甘えてるんだと思います。」


f138ce34.jpg


翌日、落ち込んで
「小林、運動会来てくれない。」
と才川に話すカンナ。しかし才川は
「でも運動会はそれだけじゃないのよ。
 みんなで頑張って優勝するのだって楽しい
 んだから。」
と元気付けてくれました(クラスメイトから
突っ込みを受けてましたが)。



一方、仕事中に滝谷に運動会の事を話す
小林さん。
「その日付だとまともに納品日にぶつかっ
 ちゃうね。」
と言う滝谷。小林さんは
「まあそもそも行く必要があるのかって話
 なんだけど。」
と言います、滝谷に
「行きたくないの?」
聞かれて
「まあ行けたら行った方がいいかな、くらい
 に考えてる。」
と小林さんは返します。それに対して滝谷は
「行けるかどうかより、行きたいかどうか 
 じゃないかな?」
と言うのでした。



一方、小学校から戻ったカンナは、トールに
「認識阻害かけて。」
と頼み、ドラゴンの姿になって小林さんの
会社に行って、窓から小林さんの様子を
見ました。小林さんは見るからに忙しそう
でした。



夜遅く、家に帰ってきた小林さんにカンナは
「運動会、小林来なくても大丈夫。クラスの
 みんなと一緒に頑張るのも楽しい。だから
 小林はお仕事頑張って。」
と言いました。それだけ言って部屋に戻る
カンナ。さらにトールに、カンナが小林さん
の会社に行った事を聞かされた小林さんは
思いました。



(前にもあったな。こんな気持ち。ああ、
 あれだ。あの時の罪悪感。)



小林さんの脳裏に、メイドとして雇うのを
いったんは断った時のトールの後ろ姿が
よぎります。そして何かを決意した
小林さんはトールに
「トール、明日からもっと帰り遅く
 なる。」
と言います。その言葉の真意を悟った
トールは笑顔で
「はい!」
と答えました。



その翌日から小林さんの帰りはさらに遅く
なりました。ある夜、滝谷と二人で残業
していた時、滝谷に運動会について
「行きたいと思った?」
と聞かれたのに対し
「いや、行くべきだと思った。」
と小林さんははっきり答えます。滝谷は
「仕事手伝おっか?」
と言い、小林さんも
「じゃあ、頼むわ。」
と滝谷の言葉に甘える事に。
「今度の飲み会おごりね。」
と言う滝谷と二人で頑張りました。

7dc805ec.jpg


そして運動会前日、家に帰った小林さんは
カンナに
「明日、行くよ。」
と言います。
「ハデス、倒した?」
と聞くカンナに小林さんは
「うん、倒した。」
と答えます。その言葉を聞いたカンナは
「小林、大好き!」
と言って小林さんに抱きつくのでした。

9543127d.jpg


翌日、晴天の下で運動会が始まりました。
小林さんとトールはそろってカンナの応援に
出かけます。才川の家族とジョージー
(ホントは才川の姉ですが)も来ていて、
五年生の翔太の応援のためにルコアも来て
いました。



カンナの最初の出番は才川と組んでの二人
三脚。しかし才川はカンナと足がくっつくと
「ボへェェ!」
肩を組むと
「ボへェェ!」
という感じで二人三脚どころではありま
せん。結果は才川が
「ごめんなさい、カンナさん。なんか幸せ
 過ぎて。」
と謝るようなものでした。

52a11637.jpg


続いて五年生による借り物競争。翔太は紙を
見るとルコアの元へ行き、ルコアを
引っ張ってゴールしました。翔太の紙には
「ワールドクラス」
と書いてありました。

ef14b4d5.jpg


そして昼休み、小林さん、トール、カンナの
三人が、トールの作ってくれたお弁当を囲み
ます。
「ふっふっふー。もう以前の私とは違います
 よ。」
と自慢するトール。そしてトールは小林さん

「はい、あーん。」
と言って肉を出しますが、小林さんは
「これ、何の肉?」
と聞きます。
「チッ。」
と舌打ちするトール。

80f0f3ed.jpg


カンナも美味しそうに食べていました。
「いっぱい食べて頑張って下さいね。」
とトールは声をかけ、カンナは
「ここから逆転する。」
と言いました。



午後の部のカンナの最初の種目は大繩飛び。
他の組が縄を足に引っ掛けてしまう中、
カンナ達の二組は最後まで残り、見事一位
になりました。



その後は五年生による騎馬戦。ルコアが
胸をはずませて翔太を応援する姿に他の
子達が気をとられる中、翔太は次々と
相手の帽子を奪い取り、結果は翔太の
クラスの圧勝でした。
「翔太君のお姉ちゃん、やっぱり凄い
 ね。」
と友達に言われ、複雑な表情の翔太
でした。



カンナの次の出番は綱引き。カンナ達の
クラスは相手と激しく競り合い、なかなか
勝敗がつきません。しかしカンナの後ろで
綱を引っ張っていた才川が、ふと嗅いだ
カンナの髪の香りに思わず
「ボへェェ!」
と言いながら体をのけぞらせ、その時の
引っ張りが最後の決め手となって、二組が
勝ちました。カンナに抱きつかれてさらに
幸せいっぱいの才川でした。

b15890a5.jpg


その後も競技は続きました。二組は次第に
一位との差を詰めていきました。次で
一位をとれば逆転できます。



そして三年生最後の種目。カンナと才川が
出場するリレーです。第一走者、第二走者
が激しく競り合う中、第三走者の才川は
「才川、頑張って。」
とのカンナの励ましに
「もちろんよ。一位でカンナさんにバトン
 を渡すわ。」
と言ってスタート位置に立ちます。



二位でバトンを受けた才川は勢いよく
飛び出し、一時は一位になりますが、
誤ってバトンを落としてしまいます。
バトンを拾って再度走る才川ですが、既に
三人に抜かれて最下位。懸命に前との差を
詰めようとしますが、なかなか追いつけ
ません。

f2e912d1.jpg


しかしその様子を見ていたカンナが
「ごめんなさい。」
と涙を浮かべる才川のバトンを受け取り
「まかせて。」
と言って、猛然と走り始めます。あっと
言う間に二人を抜き去り、最後の一人も
激しい競り合いの末に抜いて、見事一位で
ゴールしました。優勝は二組でした。

c07f5169.jpg


クラスメイトがカンナに駆け寄る中、足を
引っ張った格好の才川はなかなかカンナの
ところに近寄れませんでした。しかし
カンナの方が才川に近付き、才川の頬を
なめました。



才川は驚きながら
「うわっ!あの、ごめんなさい、私のせい
 で。」
と言いますが、カンナは
「才川があそこまで差を詰めてくれたから
 勝てた。ありがとう、才川。」
と返します。その言葉に嬉しさがこみあげ
た才川はカンナやクラスメイトに抱きつく
のでした。



終わった後、公園で一息つく小林さん、
トール、カンナの三人。小林さんは
ジュースを渡しながらカンナに
「お疲れ。カンナちゃん。よく頑張った
 ね。」
と言います。カンナは
「うん、クラスのみんなで頑張ったから
 優勝できた。」
と返します。



トールが
「でも思いっきりできないのはちょっと
 不完全燃焼ですね。」
と言いますが、
「それでもいい。みんなと一緒がいい。」
と言うカンナ。カンナは小林さんに
「小林。今日は来てくれてありがと。」
と御礼を言いました。そしてトールにも
「トール様、お弁当ありがと。」
と御礼。トールは
「どういたしまして。お安い御用です。」
と返します。

184314b0.jpg


カンナからの御礼を聞いた小林さんは思い
ました。
(運動会に保護者で参加か。変わったなぁ
 私の生活。いつの間にか変わったの
 かな。私。)



しかし横でカンナが
「でも確かに、今日は確かにもうひと暴れ
 したい感じはある。」
と言い出します。トールも
「ですよねぇ。どうです、カンナ?久し
 ぶりに。」
と賛同し、ルコアも加わって三人でひと
暴れしようという事になりました。
小林さんは三人に
「まあ、迷惑かからん所でならいいよ。」
と苦笑いをしながら言うのでした。



小林さんちのメイドラゴン 9話感想 確かに捻りのない運動会の話でしたが、味がありました



まず土曜が納品当日という事に驚きまし
た。小林さんの会社は二次や三次の下請け
が主と言ってたから、上にシステム会社が
いるって事で、そうなるとその会社は
小林さんの会社を上回るデスマ状態なん
じゃないかとか考えてしまいました。
一応、同業者なもので(汗)。



で、本題ですが、タイトルの通り捻りの
ない、運動会だけが描かれた回でしたね。
ただ子供の頃を思い出しちゃって、楽し
かったです。



それにあたってカンナが前の世界でどの
ように育てられたかが語られました。
「ドラゴンなんだから強くあれ。」と
厳しく育てられたのですね。だから甘える
のも許されず、一人で強く生きるように
促されたと。



それを考えると小林さんは甘えさせてくれ
るから、カンナにとっては嬉しい存在なん
でしょうね。買って欲しいと思いながら
遠慮していたアクセサリーを買ってくれ
たりするし、決して甘やかしているわけ
ではないけど、要所で撫でてくれたりする
から、カンナが小林さんを親代わりとして
なついてくるのもわかる気がします。



そんな風に親代わりとして見られる事に
小林さんは戸惑うわけですが、そこで
「無理!」とか言って切り捨てないあたり
に包容力の大きさを感じちゃいますね。
まあ戸惑いはどうしてもあるでしょうけど
カンナになつかれるのはイヤじゃなさそう
ですし時間の経過もありますから、本人の
自覚のないうちに、最初はただ「一緒に
いよう」と言うだけの存在から大事な
同居人、というか子供という形にシフト
していっているのかもしれないですね。



そんな小林さんとカンナ、そしてトールの
三人が、まさに家族という感じでいるのを
見ると、ほっこりします。この作品で
見たいギャグシーンがこの回では少なめ
だったのは残念でしたが、癒される回
でした。



次回はもうクリスマスのようです。しかも
タイトルにドラゴン劇団とかあるんです
けど、どんな話になるんでしょうね。



↓↓↓よろしければこちらをクリック
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

(関連記事)
 小林さんちのメイドラゴン 8話感想 エルマはちょっとポンコツだけど真面目な子でした
 小林さんちのメイドラゴン 7話感想 小林さんとトールの想いが重なった回でした
 小林さんちのメイドラゴン 6話感想 カンナもルコアもファフニールも楽しんでるなと思った回でした
 小林さんちのメイドラゴン 5話感想 トールが小林さんと人間の観察に勤しんだ回でした
 小林さんちのメイドラゴン 4話感想 カンナは幼女ドラゴンだから人間界への適応も早いのかな?
 小林さんちのメイドラゴン 3話感想 新居は楽しいですが苦労も多いですよねぇ
 小林さんちのメイドラゴン 2話感想 カンナはやはり世間ズレしてますが、癒される子でした
 小林さんちのメイドラゴン 1話感想 トールは完璧に世間ズレしていながらも健気さが伝わる子(?)でした

この記事へのトラックバック

小林さんちのメイドラゴン 第9話
Excerpt: カンナ(CV:長縄まりあ)の通う小学校で運動会が開催されます。 カンナは小林さん(CV:田村睦心)を親と慕っているので、運動会に来てほしいと言いますが、小林さんはハデス(仕事)との戦いで忙しいの..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2017-03-10 13:16

アニメまとめてプチ感想(メイドラゴン・One Room)
Excerpt: 小林さんちのメイドラゴン 第9話 超神回でした運動会編! 小林さんに見に来てほしいカンナちゃん。 でも小林さんはお仕事…カンナちゃんしょんぼり。 のんのんの文化祭回思い出しましたね。 一番来..
Weblog: のらりんすけっち
Tracked: 2017-03-10 17:16

小林さんちのメイドラゴン 第9話「運動会!(ひねりも何もないですね)」感想 イベントが大切な思い出に変わる時。
Excerpt: 運動会に来て欲しい…カンナのお願いを叶えるために小林さん頑張ったね。 小林さんはその日お仕事があるからと言い含めようとしたトールの言葉に珍しく耳を貸さないカンナ。 そんな彼女は寝室に行..
Weblog: 二次元美少女の笑顔を守りたい duple
Tracked: 2017-03-10 17:51

小林さんちのメイドラゴン 第9話 「運動会!(ひねりも何もないですね)」 感想
Excerpt: 運動会に行こう。
Weblog: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記
Tracked: 2017-03-10 22:22

小林さんちのメイドラゴン #09 「運動会!(ひねりも何もないですね)」
Excerpt: 授業参観から運動会にイベントチェンジで内容マシマシ。 「小林さんちのメイドラゴン」の第9話。 運動会が開かれるということでリコに運動会とは何かの説明を聞くカンナ。 競技内容はちょっと誤解がある..
Weblog: ゆる本 blog
Tracked: 2017-03-11 03:01

小林さんちのメイドラゴン 第9話 運動会!(ひねりも何もないですね)
Excerpt: 運動会のカンナちゃんも可愛すぎた・・・・!
Weblog: ゴマーズ GOMARZ
Tracked: 2017-03-12 13:55