小林さんちのメイドラゴン 5話感想 トールが小林さんと人間の観察に勤しんだ回でした

小林さんちのメイドラゴン 5話 トールがいきなり小林さんの会社を見学に?!





小林さんちのメイドラゴン 5話の
あらすじと感想です。

ca18b6dc.jpg


前回は、カンナが小学校に通い始める回
でした。



登校する小学生を目を輝かせながら見る
カンナを見て、小林さんはカンナを学校へ
通わせる事にします。ランドセルなど一通り
の物を揃え、カンナは小学校デビューを
果たします。



カンナはあっという間にクラスの人気者に
なりました。同じクラスの才川リコに絡まれ
そうになりますが、ウソ泣きでうまく逃げ、
その才川とも友達になって、カンナは学校
生活をエンジョイするようになるのでした。



とにかくカンナの可愛さが目立った回でした
が、ラスト近くのドラゴン同士の壮絶な
ドッジボールとか、「マジやばくね」が
教室にあふれるとことか、要所で笑わせて
もらいました。



今回はトールがメインの回です。トールが
良い意味で人間に興味を持ち始めているのが
わかる回でしたね。



以下、5話のあらすじです。

スポンサーリンク





小林さんちのメイドラゴン 5話 あらすじ



朝ご飯を用意し、小林さんとカンナを送り
出して朝の仕事を完璧に終えるトール。
「私のメイド仕事も板についてきました
 ね。」
と思えるようになりました。(洗濯物に
噛みつこうとしているカラスをブレスで
窓ごと吹き飛ばしましたが・・・)



一方、小林さんは会社の同僚から
「小林さんって最近明るくなりましたよ
 ね。前はもう少しストイックな感じ
 だったんですよね。今は心に余裕がある
 というか。」
と言われます。小林さんは思いました。
(あいつらが来てから2か月くらいになる
 か。昔の私は どんなだったんだろう
 か。)



その頃トールは小林さんの会社に来ていま
した。
(一度小林さんがお仕事してるところ見て
 みたかったんですよね。48のメイド技の
 一つ、認識阻害。誰にも気付かれずに
 中に入れます。)
と、魔法を使って小林さんのいるオフィス
に入りました。



小林さんを見つけ、早速その様子を観察し
始めるトール。ただ滝谷が小林さんの隣の
席で、二人で飲みに行く約束をしているの
を見て、むくれました。



オフィスにはたくさんの人間がいて、いろ
いろ相談しながら作業を進めていました。
トールは
(人間は身を寄せ合って助け合い、
 たくさんの事を成し遂げるけど、そんな
 文明なんて、ドラゴンはいくらでも滅ぼ
 せる。だからドラゴンの方が上って思う
 んですけどね。)
と考えていました。

096b3514.jpg


と、その時、小林さんが上司に叱られている
姿が目に入りました。上司に仕事を押し付け
られて、その進捗具合が悪くて怒られている
ようです。怒ったトールはその上司が
小林さんの側を離れる時に足を引っ掛けて
転ばせました。



(いい気味です。これで小林さんも少しは)
と思った矢先、小林さんがトールの立って
いるあたりを見ていました。
(えっ、認識阻害しているはず。バレてない
 ですよね?)
と慌てるトールですが、小林さんは仕事に
戻りました。



その後も小林さんの仕事ぶりを観察し続ける
トール。小林さんはいろんな人から仕事の
相談を受けていて、頼りにされているよう
でした。それを見て小林さんに惚れ直す
トール。



そこへさっきの上司がやってきて、まだその
作業ができていないと聞いて小林さんを再び
叱責します。さらにキレたトールは、再び
上司が小林さんの側を離れる時、4~5回
足を引っ掛けて転ばせました。



そして定時を過ぎ、小林さんは退社します。
先に家に戻ろうとするトールですが、
小林さんが
「トール、いるでしょ?」
と声をかけてきました。

dd5d87da.jpg


認識阻害をといて
「何でわかったんですか?」
と驚きながら聞くトールに
「そんな気がしただけだよ。」
と答える小林さん。小林さんは
「私の職場のぞいても退屈だったでしょ?」
と言いますが、トールは言いました。
「そんな事ないです!知りたかったんです。
 小林さんの事、もっと。」



少しの沈黙の後、小林さんは
「帰ろっか。」
と言って、二人は家に帰り始めます。隣で
笑いかけてくれるトールを見て、小林さんは
(昔の私はどんなだったんだろうか。
 もう忘れたな。)
と思うのでした。



ちなみにあの上司はパワハラでクビになった
そうです。



別の日、商店街での買い物の帰り道、トール
はファフニールを見かけました。家に呼ぶと
この世界にしばらく住む事にしたとか。どこ
に住むか聞くと
「そこらへんの山にでも住むさ。」
と答えるファフニール。しかしある日の夜の
ニュースでドラゴン姿のファフニールが映し
出されていました。



ファフニールを呼んで、目立っていると忠告
するトールですが、ファフニールはなぜ自分
がコソコソしなければならないのかと怒り
始めます。トールはそれをなだめつつ、
ファフニールの家を探してあげる事にしま
した。



ファフニールのために戸籍や住民票を用意
(もちろん偽造です)してあげるトール。
その手慣れた感じを見て、ファフニールは
トールに言いました。
「かぶれ過ぎだな。今のお前は人間に寄り
 過ぎている。元の世界に戻った時、お前は
 人間を殺せるのか?」



それに対してトールは
「元の世界に戻るつもりはありません。今、
 ここが私の居場所ですから。」
と答えます。なおもファフニールは
「100年やそこらでお前が愛着を持つ人間は
 死ぬのだ。だったら」

と迫りますが、トールは言いました。



「私は平気ですよ。今、この瞬間ここにいる
 のを大事にすれば、それだけ悲しくもなる
 でしょう。だけど私は、その気持ちを後悔
 とは呼ばないと思います。」

89dc3b47.jpg


それを聞いて
「お前にそれだけ言わせるほどの価値はある
 のか?」
と聞くファフニール。トールは
「ありますよ。小林さんがいますから!」
と答えました。



その後、二人は今の家を探す時にお世話に
なった不動産屋に行きました。
「で、ご予算は?」
と聞かれて、金塊を見せるファフニール。
不動産屋は
「フッ、うちは質屋じゃないんだぜ?」
と言いました。



金塊を換金する店もなく、途方に暮れる
二人。しかしトールがファフニールを受け
入れてくれそうな人の事を思い出し、そこ
へ行きました。



二人が行った先は滝谷のアパートでした。
「実はしばらくこちらのファフニールさん
 を置いて頂けないかと。」
とお願いするトールに
「いいでやんすよ。」
と滝谷はあっさり承諾。トールに
「ホントにいいんですか?言っちゃなん
 ですが、この竜かなり危険ですよ?」
言われても平気なようでした。

5e73d753.jpg


一方、滝谷のアパートに着いたあたりから
そわそわしだしたファフニールは
「この前の他にどんなものがあるんだ?」
と滝谷に聞き、滝谷と二人でゲームを
し始めました。
(ホントに私の事心配してくれてたんで
 しょうか?)
と思ってしまうトールでした。

b0f45c3e.jpg


別の日、トールとカンナは、テレビで人が
スプーンを曲げているのを見ました。
「今の、力で曲げてなかったですよね?!」
と驚くトール。カンナも
「魔力を使った感じもなかった!」
と驚いていました。



その後、家にあるスプーンをかたっぱし
から使って同じように曲げようとしますが
なかなかテレビのようにいかずに折って
しまうばかりで、うまくいきません。
そのあげく小林さんに怒られてしまいます。



何がしたいのか聞く小林さんにテレビを
見せるカンナ。小林さんに
「ああ、そういう事。珍しいの、超能力?」
言われて
「超能力!やっぱり人間には隠れた力が
 あるんですか?!」
と愕然とするトールとカンナ。さらに
小林さんが簡単にスプーンを曲げてみせた
のを見てさらに驚く二人。
「やっぱり小林さんはタダ者では
 なかった!」
とトール。カンナも
「神!小林ゴッド!」
と感心するばかり。



小林さんは
「あのねぇ、これは手品。覚えりゃ誰
 だって出来るよ。」
と言いますが、それを聞いてトールは
(聞いた事がある。人間の脳は普段その10%
 ほどしか使用していないと。つまりその気
 になれば人間は誰でも超常なる力を使える
 という事。本気出せば使えるなんて、何て
 狡猾で怠惰な生き物なんだ!人間は許さ
 ない!絶対にだ!)
とあらぬ方向へ思考を向けます。そこへ
カンナが小林さんの本棚から超能力について
書かれた本を持ってきました。



そこには超能力を使えるようになるための
方法が書いてありました。トールは
「修行!この本には修行とあります!私、
 修行します!」
と言い出し、小林さんも連れて修行に出かけ
ました。ちなみに折ったり壊したりした
スプーンはトールの力で元に戻しました。
「超能力いらないよね?トール。」
と突っ込む小林さん。

6ba4d2fb.jpg


かくしてトールとカンナの修行が始まりま
した。滝に打たれて精神統一をしたり、
逆立ちしながら瞑想したり、その他透視、
念写、型、組手、仕上げに熊殺しと、厳しい
修行を行いました。小林さんは
「どうなりたいんだい?」
と突っ込むばかりでしたが。

34e53123.jpg


しかし家に戻ってもやはりできません。落ち
込むトールに小林さんが
「トールは人間に出来ない事たくさんある
 んだから、それでいいんじゃないの?」
と言いますが、トールは
「ダメです!私は人間に負けたくないんです
 よぉ!ヤツらに劣る事があってはいけない
 んです!それは絶対です。絶対なん
 です。」
と言って、止めようとしません。



小林さんは思いました。
(たぶん違うよ、トール。本当は人間を理解
 したくて、だから理解できない部分に
 そんなに必死になれるんでしょ?)



そしてトールに手品のタネを明かしてあげ
ました。
「重心を探るようにして、テコの原理でここ
 をこうして。」
トールがその通りにやると、あっさり
スプーンは曲がりました。



あっけにとられるトールに小林さんは
「わかってしまえば簡単なもんだよ。これ
 は。でもそうじゃないものもあるし。
 トールはさ、トールにしかできない事を
 すればいいんだよ。」
と言いました。

0c1b7601.jpg


「そうですね。わかってます。わかって
 ますよ。」
と答えるトール。その少し寂しそうな顔に
少し不安を覚える小林さんでしたが、
トールは
「じゃあ私にしかできない能力を見せ
 ます!」
と言い出します。しかし小林さんと
「何か壊すのはなしね。」
言われて
「じゃあそんなにできる事ないです。」
と落ち込みます。



しかしテレビで瞬間移動の手品が始まった
のを見てトールは
「こ、これです!」
と言い出します。テレビでは女性が箱の
中に入っていき、別の箱から出てくるはず
でしたが、別の箱から出てきたのは何と
トールでした。

4d3f7840.jpg


思わず飲み物を吹き出す小林さん。周囲が
あっけにとられる中、トールは何食わぬ顔
で下がっていくのでした。


小林さんちのメイドラゴン 5話感想 トールの「社会勉強」が面白い回でした




今回はトールが「社会勉強」(修行は
ちょっと違いますが)をする回でした。



小林さんの会社に行って、その仕事ぶりが
カッコいいと思うトール。それと同時に
他の人間がいろいろと協力しあう姿を見て
何か感じるものがあったみたいですね。



次にファフニールの住む場所を探して
あげる話では、2か月間小林さんと
一緒に暮らした経験を活かして、手慣れた
ところを見せます。朝の仕事ぶりからして
トールは1話からは考えられないほど人間
の生活に馴染んできたよな、と思います。



最後の超能力話は、日頃の人間に対する
対抗心からベタな修行に取り組むわけです
が、小林さんが思うように、やはり対抗心
とは違う人間に対する好奇心が芽生え始め
てるのが本当のところなんでしょうね。



もちろん人間への対抗心は忘れていないし
人間とドラゴンとの越えられない壁も理解
していると思います。ただ、小林さんは
もちろん、人間に対して良い意味で色々
知りたいという気持ちが少しずつ出てきて
るんでしょうね。



などと真面目な感想を書いてしまいました
が、基本的にこのアニメはトールがすぐ
キレたり何か感化されたりするのを愛でる
作品だよな、と思って見てます。だから
トールの妙な子供っぽさが見ていて面白い
ですね。そこへ才川の「ボエェェェ!」
三連発とか、ゲーマーと化しつつある
ファフニールとか、無駄にダンディな
不動産屋とか、今回も要所で笑わせて
もらいました。次はどんな話になるの
かな?(というか、もう一人(?)の
ドラゴンはいつ出てくるんでしょうね?)



↓↓↓よろしければこちらをクリック
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

(関連記事)
 小林さんちのメイドラゴン 4話感想 カンナは幼女ドラゴンだから人間界への適応も早いのかな?
 小林さんちのメイドラゴン 3話感想 新居は楽しいですが苦労も多いですよねぇ
 小林さんちのメイドラゴン 2話感想 カンナはやはり世間ズレしてますが、癒される子でした
 小林さんちのメイドラゴン 1話感想 トールは完璧に世間ズレしていながらも健気さが伝わる子(?)でした

この記事へのトラックバック

アニメまとめてプチ感想(メイドラゴン・One Room・ゴマちゃん・こねこのチー)
Excerpt: 小林さんちのメイドラゴン 第5話 スプーン曲げマジックなつい~ 流行ったなあw 食いついたトールちゃんとカンナちゃん可愛い♪ ファフニールさんの住まい探し! 滝谷さん家に居候で落ち着きました。..
Weblog: のらりんすけっち
Tracked: 2017-02-10 17:53

小林さんちのメイドラゴン 第5話 トールの社会勉強!(本人は出来てるつもりです)
Excerpt: ファフニールさんも人間界に住む事に・・・・・!! 
Weblog: ゴマーズ GOMARZ
Tracked: 2017-02-10 23:27

小林さんちのメイドラゴン #05 「トールの社会勉強!(本人は出来ているつもりです)」
Excerpt: 小林さんの務める会社名がヤバいw。「小林さんちのメイドラゴン」の第5話。 すっかりメイド仕事にも慣れてきたトール。 ふとした気まぐれで会社での小林さんの様子をのぞきに行くことに。 認識阻害で..
Weblog: ゆる本 blog
Tracked: 2017-02-11 03:35

小林さんちのメイドラゴン 第5話「トールの社会勉強!(本人は出来てるつもりです)」感想 街に佇むファフニールさんの手つきがコントローラーを持っているようにしか見えない。
Excerpt: 小林さんといられる時はドラゴンにしたらそう長い時間ではない…。 それでも後悔はありませんと微笑むトールにキュンとしてしまうよ。 トールが心配なのでしばらくこっちの世界に住むというファフ..
Weblog: 二次元美少女の笑顔を守りたい duple
Tracked: 2017-02-11 08:27