響け!ユーフォニアム2 12話感想 ぞれぞれが一区切りをつけた回でした

響け!ユーフォニアム 12話 いよいよ全国大会!悲願の金賞はとれるのか?!



響け!ユーフォニアム2 11話の
感想です。

22d200cd.jpg


前回は、麗奈の滝先生に対する恋模様が
描かれた回でした。



練習再開後、どこか無視するような態度を
とる麗奈に疑問を持つ久美子ですが、再び
二人で大吉山に上った時、久美子が滝先生に
奥さんがいた事を隠していた事が原因だと
わかりました。動揺する麗奈に久美子は
奥さんが既に他界している事を告げ、応援
していると言います。



その後も動揺が抑えられない麗奈は、滝先生
に奥さんがどんな人だったのかを聞きます。
そして奥さんが全国で金賞をとりたいという
夢を持っていた事、そして滝先生もその夢を
叶えてあげたいと思っているであろう事を
知ります。そこで気持ちを切り替えた麗奈は
二人の夢を叶えるために全国で金賞をとり
たいという想いを持つのでした。



麗奈の弱さと強さ、そして滝先生への強い
想いが感じられた回でした。



今回はいよいよ全国大会の話。なんというか
各キャラのいろんな想いが伝わってくる回
でした。



以下、12話のあらすじです。


スポンサーリンク




響け!ユーフォニアム2 12話あらすじ



いよいよ全国大会。北宇治吹奏楽部の面々は
会場のある名古屋へ移動し、近くのホールを
借りて大会前の最後の練習に入ります。



久美子の髪に悪戯をしてから席についた
あすかに、久美子は父親に連絡したのかを
聞きましたが、あすかは
「まさかー。」
と返しました。



練習前、滝先生は
「いよいよ明日が本番になりますが、焦らず
 落ち着いていつも通り音を重ねていき
 ましょう。」
と声をかけ、そして晴香の合図の下、いつも
通りチューニングから練習を始めました。
 


練習後、宿泊先に入り、みんな床につきます
が、久美子は寝付けず、一人で部屋を抜け
出します。
「おなか、へったなぁ。」
と言いながら歩いていると、後ろから声を
かけられます。声の主は秀一でした。



久美子と秀一は自販機コーナーで飲み物を
買い、二人で話し始めます。秀一は
「なんかさ、ちょっと不安なんだよな。」
と言い、久美子が
「本番?」
と聞くと
「うん。なんか寝付けなかった。」
と言い、久美子も
「私もだ。コンクールが終わるのが怖いの
 かも。」
と返します。秀一も
「なんかわかる。」
と同意しました。



ふと秀一は何かを取り出して
「そういや、渡すの忘れてた。誕生日
 プレゼント。」
と言って、渡しました。



久美子がその場で袋を開けると、中には
髪飾りが入っていました。久美子は
「おお、可愛いねぇ。これ、秀一が選んだ
 の?すっごく可愛いんだけど。」
と嬉しそうな反応をしました。秀一は
「どういう意味だよ。」
と文句を言いつつ
「その花好きなんだろ?」
と照れながら言いました。

2bc367d6.jpg



その後、秀一は
「麻美子さんの事、大丈夫なの?なんか
 落ち込んでそうだったから。元々
 仲良かったから。」
と久美子に聞きます。久美子は
「うん。ありがと。」
とだけ答えました。



翌日、全国大会の会場に行くと、あちこち
に全国大会の常連校や有名な指導者が
いました。ミドリは興奮状態です。



そしてリハーサル室に入っての本番前の
チューニング。それが終わった後、滝先生
は部員達に言いました。
「これから、いよいよ本番です。私達は、
 春に全国大会出場という目標を掲げ、
 ここまでやってきました。結果を気に
 するなとは言いません。ですがここまで
 来たら、まず大切なのは悔いのない演奏
 をする事です。



 特に三年生。今日が最後の本番です。
 この晴れ舞台で、悔いのない演奏をして
 下さい。」



晴香が
「先生。一言いいですか?」
と言って許可をもらった後、部員達に言い
ました。

9e7a07c7.jpg

「ついに本番だよ。私、今日だけは
 ネガティブな事は絶対言わない。私ね、
 今、心の底からワクワクしてる。いい
 演奏して、金獲って帰ろう!」



その後、晴香は
「じゃ、副部長のあすか。」
と言ってあすかに振り、あすかが部員達に
言いました。



「えっと、全国に関してみんなにいろいろ
 迷惑をかけてしまいました。こうやって
 この場にいられるのは、本当にみんなの
 おかげだね。ありがとう。



 今日はここにいるみんな北宇治全員で、
 最高の音楽を作ろう!それで笑って
 終われるようにしよう!」
 


その後、あすかは
「ご静聴ありがとうございました!」
と敬礼しながら言った後、締めを晴香に
振り、晴香の
「北宇治、ファイトーッ!」
の掛け声の下、部員全員が
「オーッ!」
と声を出しました。



舞台袖での待機中。久美子が一人でいると
みぞれが寄って来ました。みぞれはふと
拳を久美子に向け、久美子もそれに気が
付いて、拳をみぞれの拳にこつんと当て
ました。その後、みぞれは他の所へ行き
ました。



その後、あすかが近寄ってきて久美子に
「葵、来てるんだって。わざわざチケット
 とったんだって。凄いねぇ、倍率高い
 だろうに。」

と教えてくれました。久美子は
「実は今日、ウチのお姉ちゃんも来てる
 んです。」
と言うと、あすかは
「へぇ。それは頑張らないとだね。
 黄前ちゃんも。」
と言ってくれました。



そして、北宇治の順番が来ると二人は
「いくよ。」
「はい。」
と声を掛け合い、本番の舞台に立ちま
した。コンクールメンバー全員が配置に
付き、麻美子や葵が見守る中、滝先生の
指揮とともに、北宇治吹奏楽部の演奏が
始まりました。

5a03747f.jpg

演奏が終わり、部員達はそれぞれが余韻に
浸っていました。麗奈は会場の外の芝生に
座り込み、ミドリと葉月は会場内で記念と
なるものを買い求めていました。



三年生三人組は一緒にいました。晴香が
「ねぇ、これからどうする?結果発表まで
 時間あるけど。」
と聞くと、あすかは
「喫茶店あったから行ってくるわ。」
と言い出し、晴香は
「いいねぇ!私も行く!」
と応じます。



香織は
「え?演奏聴きに行かないの?部長と
 副部長なのに?」
と言いますが、晴香が
「いいの。」
と言い、あすかも
「もう部長も副部長も終わりでしょ?」
と返します。香織はそれに対して
「そっか。」
と少し寂し気に答えた後
「じゃあ私も行こうかな。喫茶店。」
と言い出し、三人で喫茶店に行きました。



一方、久美子は麻美子を探していましたが
見つかりません。



そして表彰式。まず指揮者への表彰から
始まりました。しかし他校の生徒が指揮者で
ある先生に対して全員で声掛けをしている中
北宇治の面々は何も用意していません
でした。みんな慌てる中で滝先生の順番に
なった時、すっと麗奈が立ち上がり、大声で
言いました。



「先生!好きです!!」

79937797.jpg


麗奈は座ると、隣にいた久美子に
「どうしよう。告白しちゃった。こんな
 所で。」
と言いますが、久美子が
「大丈夫。みんな告白だと思ってないよ。」
とフォロー。実際、優子が
「高坂、マジファインプレー!」
と言い、香織も
「ありがとう!助かった!」
と言うなど、久美子の言う通りの反応
でした。



そして、いよいよ結果発表。部員全員が
祈るように待つ中で、結果が発表され
ました。



北宇治高校吹奏楽部は銅賞に終わりました。



トランペットパートのメンバーが集まる中で
麗奈は香織に
「すみませんでした。先輩。」
と謝りますが、香織は
「高坂さんが謝る事じゃない。これが私達の
 実力だったんだよ。」
と言いました。優子は麗奈に
「高坂。来年、金賞とるよ!」
と声をかけ、麗奈は
「はい!」
と力強く答えました。




そこへ滝先生が現れて
「高坂さん。先程の声掛け、ありがとう
 ございました。」
と御礼を言った後
「実を言うと、少し自信がなかったので、
 嬉しかったです。自分のやりたい事を押し
 つけてばかりで、皆さんには好かれて
 いないと思っていたので。」
と言ってくれました。



麗奈は
「そんな事ありません!みんな滝先生の事、
 尊敬してます!」
と言って滝先生の言葉を否定した後、こう
言いました。




「先生、私が北宇治に来たのは、先生が
 いらしたからです。それから、私、
 本当に先生の事が好きなんです!」



それに対して滝先生は
「そう言って頂けると、教師冥利につき
 ます。ありがとうございます、
 高坂さん。」
と言ってその場を離れました。がっくりする
麗奈。優子が
「高坂、頑張ろ。」
とフォローしてくれました。


一方、低音パートのメンバーが集まる中で、
あすかが夏紀に言いました。
「夏紀。来年頼むよ。」
それに対して夏紀は
「はい。」
とあすかの気持ちを受け止めるかのように
言いました。



葉月は
「みんな、あんなに頑張ったのに。」
とガッカリしている様子でした。ミドリは
そんな葉月に言いました。



「葉月ちゃん、何を言ってるのですか!人は
 なんでも変える事が出来るのですよ!今日
 の結果だって、来年は違うものに出来るの
 です。

161222-0019550747-1440x810.jpg

 葉月ちゃんは誰よりも高く飛びたいのです
 か?ならば、誰よりも低く身構えるの
 です!」




ミドリのそんな熱い言葉に葉月は
「わかった!私、誰よりもたくさん練習する
 から!」
と言うしかありませんでした。



久美子は一人で麻美子を探そうとしていま
したが、なかなか見つけられずにいました。
あすかが
「どうかした?」
と近寄って声をかけました。



そこへ滝先生が近寄ってきて言いました。
「田中さん、黄前さん。ちょうどよかった。
 お二人に伝えなければならない事があり
 まして。お二人は、進藤正和さんを知って
 いますか?今日の審査員をなさって
 いました。」



驚いて、あすかを見る久美子。あすかが
「はい。ユーフォ奏者の方ですよね。」
と答えると、滝先生は
「先程廊下でお会いして、それで、ユーフォ
 の子に伝えて欲しいと、伝言を頼まれま
 した。」
と言って、伝言を言いました。



「よくここまで続けてきたね。美しい音色
 だったよ、と。」



あすかはその言葉を頭の中で噛み締め
ます。滝先生が、
「どちらか、お知り合いですか?」
と言うと、
「はい、少し。」
とだけ答え、嬉しさのあまり久美子に
「やったぁ!ユーフォ褒められ
 ちゃったぁ!」
と言いながら抱きついて、心の底から喜びを
表していました。

161222-0021210893-1440x810.jpg

そして部員全員が集まり、晴香が挨拶を
します。



「私達三年は、これで引退です。最後に
 なりますが、こんな不甲斐ない部長に
 ついて来てくれてありがとう。この一年は
 イヤな事もいっぱいあったけど、不安な事
 ばっかりで辛かったけど、それ以上に
 みんなとの演奏が楽しくて・・・。」



最後は涙で言葉にならない晴香の頭を優しく
叩いて慰めながら、あすかが挨拶を始め
ました。



「では、泣き虫部長に代わって一言。
 正直、今日の演奏で言いたい事は何もあり
 ません。北宇治の音は全国に響いた!
 私達は全力を出し切った!ほんとにみんな
 お疲れ様!そして三年生はこれで引退。
 あとは二年生の天下です。もう不安しか
 ありません。



 えぇ、私は皆さんも知っての通り、
 まわりくどい話はできないので、ハッキリ
 言います。今回の結果、私はめちゃくちゃ
 悔しい。でも三年に、雪辱の機会はもう
 ない。こんな思いは私達だけで沢山。


 
 だから来年は必ず、金賞を獲って!
 これは最後の副部長命令です!
 わかった?!」

8ea46887.jpg

一、二年生が力強く
「はい!」
と返事をすると、あすかはいつもの調子に
戻って
「よーし、その返事、忘れないよ。卒業
 しても毎日観に来るからね。」
と言い出します。すかさず夏紀が
「先輩。それ、最悪です。」
と言い、場が和みました。



そんな中、久美子は帰る途中の麻美子を
見つけました。久美子は麗奈達の静止を
聞かず、麻美子を追いかけて走りました。
会場から少し出たところで麻美子の背中を
見つけると
「お姉ちゃん!」
と言って麻美子を呼び止め、言いました。



「お姉ちゃん!私、ユーフォ好きだよ!
 お姉ちゃんがいたから私、ユーフォ好きに
 なれたよ!お姉ちゃんがいたから、吹奏楽
 好きになれたよ!
 お姉ちゃん、大好き!」

f65a92f1.jpg

久美子の言葉をじっと聞いていた麻美子は
こう言いました。



「私も、大好きだよ!」

acb2cf3e.jpg

その言葉を聞いて、久美子は涙を流すの
でした。



響け!ユーフォニアム2 12話感想 報われた想いがあり、報われなかった想いは引き継がれる



書きたい事がいろいろ出た話でした。



前半部分は全国大会本番へ向けて少しずつ
北宇治吹部が緊張感を高めていく姿が描かれ
ましたが、そんな中での久美子と秀一という
気の置けない二人の自然体の会話が良かった
ですね。プレゼントの髪飾りを久美子は本番
の時に譜面台に飾っていましたが、これが
秀一が喜ぶようなイベントにつながるといい
ですね。



表彰式で、麗奈が思い切り滝先生に向かって
告白したのにはビックリしました。強いと
言うか、怖い物知らずと言うか。でもそう
いう熱さを持っているのが麗奈ですよね。
で、トランペットパートのメンバーがいる
前でもう一度告白してしまうのですが、
滝先生はあっさりスルー。気付かないふりを
してスルーした可能性が高いのかな、と僕は
思い始めていますが、くじける事なく麗奈は
滝先生への想いを持ち続けるのでしょうね。



全国大会での結果は銅賞。滝先生の奥さんが
いた頃に続いて全国での金賞受賞は叶い
ませんでした。ただ、ここでいきなり金賞を
とったらさすがにシンデレラストーリー
過ぎでしょう。滝先生の父親が顧問でなく
なった後次第に力を失って、前の年は一年が
集団で退部する状態にまでなっていたのです
から。それを思えば全国に行けただけでも
凄い事です。



ただやはりあすかにとっては悔しさが残って
その悔しさを晴らす事を下級生に託します。
これって間違いなく前の年はできなかった
はずです。ダラけてロクに練習もしないで
結果府大会銅賞止まりの当時の三年生から
あすかや晴香達が受け継ぐものなどなかった
でしょう(ダラけた空気は引き継ぎかけ
ましたが。)。



それを、晴香、あすか、香織は、滝先生と
いう新たな刺激が加わったとは
いえ、必死に立て直し、下級生も一緒に
なって全国へぶつかって、成功と挫折を
味わった。そしてその挫折による悔しさを
晴らして欲しいと三年生が下級生に託して、
下級生がその想いを受け取って、次へ
向かって努力する。そういう循環がまた
出来るようになっただけでも、晴香や
あすか、香織にとっては感慨無量なのでは
ないでしょうか。おそらくは、会場で聴いて
いた葵も。



そのあすかが全国に向けて抱いていた想いが
叶いました。伝言で、直接会う事は出来
ませんでしたが、父親に自分の演奏を聴いて
もらえた事、そしてその演奏を褒めて
もらえた事、それだけでもあすかに
とっては感無量でしょう。この時のあすかは
高校生らしい笑顔にあふれていました。
彼女には進学してからも、父親の言葉を胸に
して、ユーフォを続けて欲しいなと思い
ます。次の最終回でそう思わせる場面が
あればいいのですが。



この回の視聴前は、このあすかの想いが叶う
のかどうかと、三年生の引退に絡む場面が
泣ける場面だろうと思っていたので、最後の
久美子と麻美子とのやり取りは全くの
ノーガードで打たれた感じでした。



久美子が麻美子にわだかまりを持っている
のは1期からずっと描かれていました。
麻美子も久美子にわだかまりを持っていた事
が10話で本人の口から語られています。
そんな二人がお互いの想いを知り、再び
対面します。特に久美子は自分の気持ちを
言えなかった事を後悔していたから、
あすかに言った時と同じように素直に自分の
気持ちを言えたのでしょうね。また二人を
再び結び付けたのが吹奏楽だったというのが
いいですよね。ここはあすかのシーン以上に
ジーンとしました。



とにかく、ここで最終回でいいんじゃないか
と思うくらいの素晴らしい回でした。一方で
あと一話しかないのが寂しい限りですが。
とにかく来週も「正座で待機」です。



↓↓↓よろしければこちらをクリック
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


(関連記事)
 響け!ユーフォニアム2 11話感想 麗奈の弱さと強さの両面が垣間見えた回でした
 響け!ユーフォニアム2 10話感想 久美子の渾身の叫びが心を揺さぶった回でした
 響け!ユーフォニアム2 9話感想 ユーフォの音色が美しい回でした
 響け!ユーフォニアム2 8話感想 姉妹のお互いへの複雑な思いが描かれた話でした
 響け!ユーフォニアム2 7話感想 あすかの事情が初めて明かされた回でした
 響け!ユーフォニアム2 6話感想 閑話休題回。一方で滝先生の別の一面が見られた回でした。
 響け!ユーフォニアム2 5話感想 圧巻の演奏シーンでした!
 響け!ユーフォニアム2 4話感想 何か、心にしみてくる回でした
 響け!ユーフォニアム2 3話感想 久美子が重い荷物を背負っちゃった話でした。
 響け!ユーフォニアム2 2話感想 水着回!ですが、重い話でした
 響け!ユーフォニアム2 1話感想(後半) 早くもどこかギスギスした感じになりました
 響け!ユーフォニアム2 1話感想(前半) 期待に違わぬクオリティでした
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445162872

この記事へのトラックバック

響け!ユーフォニアム2 TokyoMX(12/21)#12
Excerpt: 第12話 さいごのコンクール バスで会場に移動する北宇治吹奏楽部。久美子は姉の麻美子に金管楽器を教わったことを思い出す。前日に移動して最後の練習を行う。宿舎で寝付けないと修一と出会う。誕生日プレゼント..
Weblog: ぬる~くまったりと
Tracked: 2016-12-23 15:03

響け!ユーフォニアム2 第十二話  『さいごのコンクール』
Excerpt: コンクールに備えて大会の会場近くで合宿をしている 北宇治高校吹奏楽部。しかhし、なんだか修学旅行のように 夜深しをしも大丈夫なの? 塚本秀一は黄前久美子に誕生日プ..
Weblog: 奥深くの密林
Tracked: 2016-12-23 20:18

響け!ユーフォニアム2 第12話「さいごのコンクール」感想 北宇治の音は全国に響いた…大好き!×大好き!×大好き!
Excerpt: 麗奈の大胆な告白に、サファイアちゃんの恋愛脳が反応キター! みどりですぅ〜。あーりがとう!! 全国大会への最後の練習を終え、トランプに興じる久美子たち。 消灯の時間になっても寝付けな..
Weblog: 二次元美少女の笑顔を守りたい duple
Tracked: 2016-12-24 08:45

響け!ユーフォニアム2 第12話「さいごのコンクール」
Excerpt: 銅賞に終わった北宇治高吹部の夏。 全国行きを決めた演奏は神がかってましたが…世界は広い。 あのレベルで全国だと銅になっちゃうのか。 それでもあすか先輩、久美子ちゃん、伝えたい人に思いが届いてよか..
Weblog: のらりんすけっち
Tracked: 2016-12-24 14:00

響け!ユーフォニアム2 第十二回 さいごのコンクール
Excerpt: 銅賞とかどうしょうもねえな!wwwなんちゃってwwwププwwwオレサイコーwww
Weblog: 悠遊自適
Tracked: 2016-12-24 14:58

響け!ユーフォニアム2 #12
Excerpt: 様々な思いを胸に、ついに全国大会です! 滝先生の亡くなった奥さんの思いも一緒に、ついに北宇治高校吹奏楽部は全国大会に挑みます! 全国大会の会場へ向かう中、みぞれ先輩と希美先輩が目と目で語り合う..
Weblog: 日々の記録
Tracked: 2016-12-24 17:33

響け!ユーフォニアム~第12話感想~
Excerpt: 「さいごのコンクール」 ついにやってきた全国大会。 本番前のリハーサルがはじまる。 久美子は秀一から誕生日プレゼントをもらう。 そして、大会当日。北..
Weblog: ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。
Tracked: 2016-12-24 23:11

響け!ユーフォニアム2 #12 「さいごのコンクール」
Excerpt: 全国大会! 「響け!ユーフォニアム2」の第12話。 亡き妻のため全国で金を目指す滝先生の夢を叶えたいと誓う麗奈。 前日入りして最後の練習の日。 深夜にお腹を空かせた久美子が部屋を抜け出..
Weblog: ゆる本 blog
Tracked: 2016-12-25 02:55

響け!ユーフォニアム2 第12話 『さいごのコンクール』 最大の目標にして最後の演奏!全国大会の結末は。
Excerpt: 在りし日の黄前姉妹。久美子がマロ眉だ。田中あすか、全国出場を父には連絡していない模様。演奏で語るんですね。  秀一キタ!宿泊先で一人部屋を抜ける久美子。偶然?秀一と一緒になると。コンクール..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2016-12-28 06:08