ステラのまほう 5話感想 いきなり追い込みをかける回でした

ステラのまほう 5話 SNS部ピンチ!珠輝が倒れた?!



また1週サボってしまいました。

ステラのまほう 5話の
あらすじと感想です。

3944f3e3.jpg

前回は珠輝が絵の表情の描き分けなどで
悩む回でした。



その過程で、照先輩と出会ったり
(珠輝は気付きませんでしたが)
あやめの弟の春馬から絵の事をいろいろ
教わるなど、いくつかの出会いによって
珠輝がいろんな刺激を受けた回でしたね。



次の5話では、いきなり椎奈が「本田さんが
倒れた」とあやめの家に飛び込んでくる
ところから始まります。その後、突然
ゲームを早く完成させなければならなく
なったりと、慌ただしい回でした。



以下、5話のあらすじです。

スポンサーリンク




ステラのまほう 5話 あらすじ



突然、椎奈があやめの家に行き、
「本田さんが倒れた!」
とあやめに伝えます。二人はあわてて
珠輝の家に行きました。

8aeabeba.jpg

珠輝は風邪をひいたみたいで寝込んで
いました。お婆ちゃんが薬を買いに行き、
椎奈とあやめで珠輝の看病をする事に
なりました。



椎奈はノートPCを持ち出して、珠輝の部屋で
作業をし始めました。一方、あやめの家には
あやめが書いたシナリオを置いておき、春馬に
校正をお願いします。
「何してくれてんだ!家じゃ隠してるもんを!」



椎奈は
「すみません。私達がこうしていると落ち着か
 ないですよね。」
と気遣いますが、珠輝は今日までの作業が
できていない事を気にします。


しかし椎奈は
「今日1日はここが部室なので、それで十分
 ですよ。」
と言いました。



珠輝はその意図がわかりません。プログラムの
手伝いをするとか、今日は椎奈が看病するという
意味なのか、いろいろ考えてしまい、
「先輩、わからないですよー。」
とショートしてしまいます。



あわてた椎奈は部屋を出てしまい、あやめが
珠輝の面倒を見る事になってしまいました。



珠輝とあやめは、あやめと椎奈が幼馴染である
事から、椎奈の話をしました。さっきの
「ここが部室」という言葉の意味を珠輝が気にして、
「今日一日はここが部室って、私が作業できない
 から怒ってたのかな?」
と聞きますが、あやめは
「楽しんでたと思うけど?」
と言ってくれました。



あやめは
「今日はここが部室。本田さんは風邪と戦ってん
 だから制作考えなくていいってくらいの意味
 かな。しーはあいつなりにSNS部を大事に思って
 て、それにいつも本田さんも一生懸命だし。
 大事な後輩に幻滅したりは絶対ないと・・・。」
と言って、珠輝を安心させてくれました。



そこへ椎奈がおかゆを持って現れました。
レトルトながら珠輝のために温めてくれたよう
でした。椎奈はスケジュールは夏コミまで
余裕を持ってスケジュールを作ったから大丈夫
と言って、珠輝を安心させてくれました。



しかし、なぜか夏コミの話になると、あやめが
静かになってしまいました。珠輝は心配しますが
あやめは理由を話してくれませんでした。



翌日、風邪が治った珠輝は、いつも通り学校へ
登校し、昼休みはSNS部のメンバーと一緒に
食べました。



その時、あやめが
「あー、そういえば落ちてたんだよな。夏コミ。」
と重大な事を話します。このままではどこで
今作っているゲームを出すかが宙に浮いて
しまいます。

9d50b0fc.jpg

「だ、大丈夫!こんな事もあろうかと申し込んで
 おいたオンリーイベントは受かってるから! 
 これに間に合わせて作れば大丈夫!」
と言うあやめ。しかし開催は6日後でした。



土曜日、珠輝は学校に行きました。途中で裕実音に
会って、部活でお泊りすると教えます。裕実音から
いつまでに仕上げるのか聞かれ、
「今晩中だって。」
と明るく答える珠輝。そんな珠輝の後ろ姿を見ながら
「その枕、使えるのかな。」
と思うのでした。



部室には椎奈とあやめが来ていました。歌夜は家に
ある機材で仕上げるため、部室には来ません。
椎奈から限界を感じた時に自分を元気付けられる
アイテムを持ってくるよう言われていた珠輝は
父親の写真を持ってきていました。



「私、昔は成績あまりよくなかったんですが、この
 写真を見たら父のためにいっぱい勉強しようって。」
と言う珠輝。椎奈は
「ま、まぶしい。」
と言い、あやめも
「よかったのか?こんないい子を修羅場に巻き込んで!」
と思わず言うのでした。

4f415dbb.jpg

まず三人でタスクの確認をしました。珠輝には
ジャケット絵を19時までに仕上げるタスクが割り
当てられました。一方、あやめには夏コミ落選を
一日黙っていたペナルティとして、タスクが多めに
割り当てられます。当然あやめは文句を言いますが、
「パパ、今日一日先輩達と頑張ります。」
と写真に呼びかける珠輝を見て
「もうなるようになれ!悩むより作業!」
と作業に入ります。



そこへ歌夜からメールが。
「やっぱ効果音フリー素材使うとかありきたり過ぎて
 イヤじゃん?BGMでなく効果音から作っていい?」
それにキレた椎奈は
「時間ないんだから発注通り作りなさい!」
と返します。



その後、珠輝が線画をアップさせましたが、
「以前描いたものも今見返すと気になるんで、描き
 直したいなぁ、なんて。」
と漏らします。しかし
「そんな時間はないです。」
という椎奈の一言で却下されました。



椎奈の方もゲームのデザインが大体終わったよう
です。あやめはそれを見て
「お前これ適当に塗りつぶしてアイコン乗せただけ
 じゃねーか?」
と言いますが、椎奈は
「フラットデザイン。」
と言って譲らず、そのデザインでいく事になりました。



その後も作業は進みますが、
「ぼ、僕にかかればスクリプト打ちなんて一瞬さ!」
とあやめは妖しいオーラを出し、
「前門にはバグ。後門には以上終了。バグ、バグ、バグ。」
と椎奈が呟き続けるなど、少しずつ壊れていきます。



「駄目だ!もっと集中すっぞ!」
とあやめは気合を入れ、ラーメン屋の出前も、それを
取りに来た先生も、入部希望の女の子も
「後にして!」
の一言で追い出してしまいました。



ようやく珠輝がジャケット絵を描き上げた時、あやめが
「藤川さんと連絡つかなくなった。」
と伝えます。椎奈も電話をしますが、電話に出ません。
珠輝は歌夜の家に行こうとしますが、どこに住んで
いるのか知りません。



椎奈とあやめは、歌夜に無理に頼み過ぎたために、歌夜
が逃げてしまったのではないかと言います。珠輝は
「どうして。部長さん。関先輩。藤川先輩を信じてあげ
 ないんですか?私達、みんなで楽しく一つのものを
 作ってきたじゃないですか。」
と言いますが、なぜ自分が歌夜の事を信じられるのかも
わからなくなり、気落ちしてしまいました。



椎奈は珠輝を慰めました
「気を落とさないで下さい。最初に言いましたよね。
 ゲーム制作は大変だと。私達は一部活というだけの
 集まり。制作の強要で縛る事はできないんです。お金
 を払ってるわけでもないし、彼女がもう作りたくない
 となれば私達は納得するしかないんです。」



しかし珠輝は
「それでも、私は藤川先輩を信じたいです。」
と言いました。



と、そこへ歌夜からメールが届きました。BGM六曲も
添付されていました。安堵する珠輝達。その後三人は
作業を続けます。



そして
「最後の差分、完成しました。そちらに送信します!」
と珠輝が椎奈のアドレスへ担当分のイラストを送り、
ついにマスターアップとなりました。



ゲームのタイトルは「ステラのまほう」でした。



椎奈は言いました。
「ステラはもちろんヒロインの名前ですが、実は密かに
 もう一つの意味も込めてあります。ゲームにおける
 役割分担の事です。プログラムに絵にシナリオに
 音と各人が素材を集めるだけじゃゲームの完成は
 困難です。全体を統率する役職があってこそ初めて
 うまく回っていくという事を。この現象をステラの
 まほうと呼びます。」


328a41b4.jpg

その言葉に珠輝は感動します。あやめは
「ステラって星って意味だもんな。」
と言い、椎奈も
「はい。星型の五角形の魔法だから、ステラのまほう
 です。」
と言いました。



翌朝、目を覚ました珠輝は、自分達で作ったゲームを
見て
「できたよ。パパ。私、大きな壁を一つ越えられた気が
 します。」
と写真に向かって報告しました。



しかし椎奈とあやめは既に起きていました。テンションが
上がった状態で、三人は同人ゲーム即売会の会場へ
向かうのでした。


ステラのまほう 5話感想 いきなりの修羅場でした



すみません。また放送からずいぶんたってしまっての
感想になってしまいました。



で、気になったところなんですけど、夏に完成予定と
考えていたのをいきなり6月にするって、ムチャじゃ
ないっすかね。いくらノベルゲーとはいえ。一日徹夜
しただけじゃ済まない気がするんですけど。



それと、歌夜と連絡がとれなくなってからいきなり
シリアスにいったのは違和感がありました。そりゃ
同人ゲームを作る集まりだからそういう事もあるでしょう
けど、いきなりそれをこの回に入れるか、と思いました。
一言で言えば、このシーンだけ浮いている感じが
しました。



それ以外のところは、相変わらず素直で、パパ大好き
な珠輝にほっこりしたり、あやめが夏コミに落選した
と話した時の「間」に笑ったりと、楽しめる回でした。
個人的には椎奈が「前門にはバグ、後門には異常終了」
と言って壊れていくあたりが共感できました。プログラム
を作るのは辛いのです(汗)。



次回は珠輝が同人ゲームのイベントに初参加する回
です。今度こそ今週末に!



↓↓↓よろしければこちらをクリック
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


(関連記事)
 ステラのまほう 4話感想 珠輝が絵の事で悩む回でした
 ステラのまほう 3話感想 いきなり合宿回でした!
 ステラのまほう 2話感想 思った以上に皆さん個性的でいらっしゃる
 ステラのまほう 1話感想 日常系アニメの感想始めます

この記事へのトラックバック