響け!ユーフォニアム2 9話感想 ユーフォの音色が美しい回でした

響け!ユーフォニアム2 9話 部員達からあすかへの思いを託された久美子



響け!ユーフォニアム2 9話の
感想です。

bc5b1070.jpg

前回は、姉の麻美子の退学問題を通して、姉妹の
複雑な思いが描かれた回でした。


麻美子は美容師になるために大学を辞めたいと言い出し、
両親と対立してしまいます。その中で吹奏楽も辞めたく
なかったとの言葉に、久美子は複雑な思いを抱きます。



その後、風邪で休んだ久美子の家に麗奈がお見舞いに
来て、買ってきたユーフォのCDを二人で聞くのですが、
それを麻美子に止められてしまい、カッとなった
久美子が「だったら、辞めたくなかったなんて言わない
でよ!」と麻美子に怒鳴り、麻美子も怒鳴り返して
しまいます。



仲の良い姉妹ばかりが描かれる昨今のアニメですが、
このシーンはすごくリアリティがありました。実際
姉妹(男兄弟含む)なんてこんなものですから。



その後、麻美子は秀一との会話の中で、久美子が
麻美子に憧れて吹奏楽を始めた事を思いだします。
もしかしたら姉妹関係が軟化するきっかけになるかも
しれませんね。



一方、あすかの退部問題は一向に解決せず、ついに
滝先生から期限を区切った上で夏紀をコンクール
メンバーにする事が伝えられます。それを受けての
9話。非常に中身の濃い話でした。



以下、9話のあらすじです。


スポンサーリンク




響け!ユーフォニアム2 9話あらすじ




滝先生から、期限を区切った上でコンクールメンバー
をあすかから夏紀に替えると言われた日、夏紀は久美子
に聞きました。
「やっぱ、私だと、不安?」



「え、いや、そんな事。」
と否定する久美子ですが、
「私は不安。」
と夏紀は正直に言いました。



久美子は思い切って聞きました。
「いつから知ってたんですか?」
夏紀は
「あすか先輩のお母さんが学校に来てすぐだったかな。
 あすか先輩に言われて。」
と答えてくれました。



駅で久美子達四人はどうなるのかを話します。
「滝先生の判断は正かったと思う。」
と麗奈はつとめて冷静に話しますが、久美子はそんな
気になれません。電車内で麗奈に
「どうして久美子がそんな顔をしてるの?」
と聞かれるほどでした。久美子は
「悔しくて・・・。」
としか答えられませんでした。



あすかは翌日からの練習にも現れず、合奏練習は夏紀が
加わって行うようになりました。夏紀の楽譜にはあすか
が書いたであろう注意点がぎっしり書かれてありました。
まるで、遺言のように。



そんなある日、夏紀は久美子に
「あすか先輩を連れ戻すぞ大作戦」
の話をされます。夏紀は
「でさ、黄前ちゃん、来週あすか先輩の家に勉強を
 教わりに行くんでしょ?」
と作戦内容を言おうとしますが、久美子は即答します。
「無理です!」



「そこでお母さんを説得して来いって言うんですよね。
 無理ですよー。無茶言わないで下さい。」
とたじろぐ久美子に夏紀は
「大丈夫。香織先輩から良いものもらってるから。」
とメモを渡します。そこには’駅前幸富堂の栗まんじゅう
が一番おすすめだよ’と書かれてありました。あすかの
母親の好物との事。



なかなか引き受けようとしない久美子に夏紀は
「あすか先輩がどうして黄前ちゃんを呼んだと思う?」
と聞きます。そして
「私は、黄前ちゃんならなんとかしてくれるって期待
 してるからだと思う。」
と言いました。



久美子は
「そんな事ないです。それに、それでもしあすか先輩が
 戻ってきたら、夏紀先輩吹けなくなります。」
と夏紀を気遣いますが、夏紀は
「私はいいの。来年もあるし。この部にとって一番
 いいのは、あすか先輩が吹く事なんだから。」
と言いました。



久美子はなおも
「それは、夏紀先輩の本心ですか?」
と聞きます。夏紀はとまどいつつも
「黄前ちゃんらしいね。うん、本心だよ。」
と答えました。

930d5d38.jpg

そこへ希美とみぞれが夏紀を呼びに来ました。みぞれは
久美子に言いました。
「伝えて欲しい。あすか先輩に。待ってますって。」



その夜、久美子は麗奈にその事を話しました。どうして
あすかが自分を呼んだと思うかを久美子は麗奈に聞き
ますが、麗奈はこう答えました。



「久美子って何か引っかかるの。普通のふりして、どこか
 見透かされているような。気付いてなさそうで気付いて
 いるような。そして一番痛い時にぽろって言葉になって
 出てくる。」



そして
「本気で全国行けると思ってたの。」
と中学の時の久美子の言葉を言いました。慌てる久美子に
「だから何か引っかかる。ぎゅって捕まえてその皮
 はがしてやるって。」
と言ってくれました。大吉山の時のように。



職員室に音楽室の鍵を返しにきた二人ですが、滝先生は
寝ていました。しかしふと目を覚まして起き上がり、
久美子と麗奈の姿を認めました。



麗奈は
「あっ、いつもご指導ありがとうございます。鍵、持って
 きました。」
と言って、音楽室の鍵を渡しました。



滝先生はそれを受け取った後、久美子に夏紀の演奏で気付
いた事があったらアドバイスしてあげるよう言いました。
そんな二人を見ていた麗奈ですが、滝先生の机に麗奈が
知らない女性と滝先生や橋本先生達が写っている写真立て
が置いてあるのを見つけました。

09ca88b1.jpg

二人はその後帰りましたが、麗奈はその写真の事を気に
していました。



そして、久美子があすかの家に行く日が来ました。二人は
下駄箱のところで待ち合わせし、歩いてあすかの家に
向かいました。



とりとめのない話をしますが、二人きりだとなかなか
会話が続きません。しかし、あすかが自分の新しい
スニーカーの話をしていた時、後ろから香織が追いかけて
きました。あすかの後姿を見て、追いかけてきたよう
でした。



「黄前さん、一緒に帰っていいかな?」
と聞く香織に、久美子は
「も、もちろんです。」
と答え、三人で帰る事になりました。道すがら、あすかと
香織は部の事などで話をしていました。



分かれ道で、香織は久美子に紙袋を渡します。例の
栗まんじゅうでした。香織は久美子に
「あすかの事、よろしくね。」
と言います。あすかは
「面倒を見るのは私だけどね。」
と返しますが、香織はあすかのスニーカーの靴紐が
ほどけている事に気付き、結んであげました。



「こうやって結ぶとほどけないんだよ。」
と言いながら香織は靴紐を結びますが、あすかは何も
言いません。その後、香織は二人と別れました。



そして、あすかの家に着き、久美子はあすかの部屋に
案内されました。あすかは久美子のノートを見て
「お嬢さん、これは重症ですぞ。」
と言い放ち、そしてあすかは久美子の勉強を見てあげ
ました。



ひと息ついた後、あすかは久美子に
「その栗まんじゅう食べる?」
と聞きますが、久美子は
「これは、その、お母さんに・・・。」
と言い淀みます。あすかは
「やっぱりそういう事かぁ。香織が考えそうな事
 だよねぇ。」
と言い、お茶を入れ直すと言って台所に向かいました。
久美子も足をしびれさせつつも後を追います。



台所で、ふと久美子は聞きました。
「1つ聞いていいですか。どうして、急に勉強みて
 くれるって。」
あすかは
「風の噂で、黄前ちゃんの成績がとんでもなくヤバい
 って聞いて。」
とからかった後に言いました。
「冗談、ちょっと話がしたくて。」



部屋に戻った後、あすかは久美子に本を見せました。
それは久美子がユーフォを始めた時にもらったガイド
ブックでした。



あすかは
「その本の著者、進藤正和っていうユーフォニアム奏者
 なんだけどさ。」
と言います。久美子が
「有名ですよね。CDも持ってます。」
と言うと
「私の元父親なの。」
と言いました。



あまりの衝撃の事実に動転する久美子にあすかは
「質問タイムです。」
と質問する機会を与え、すかさず久美子は
「あ、あの、元、父親とは?!」
と切り込みます。



あすかは
「親が離婚したの。私がまだ2歳の時だったから、
 父親の記憶はほとんどないけどねー。」
と答えます。久美子は
「それ以来会ってないんですか?お父さんとは。」
と聞きますが、それに対してもあすかは素直に答えます。



「母親がねー、絶対に関わらせたくないみたいで。
 ほら、職員室で見たでしょ。あの人ちょっとおかしい
 から。束縛が強くて、すぐヒステリックになるし。
 たぶんそれに嫌気がさして出ていったんだろうね。



 ああ、でも私、あの人の事嫌いってわけじゃないの。
 ここまで育ててくれたわけだし、その借りはあるから
 返さなきゃって気持ちはちゃんとある。」



あすかの答えに対して、久美子は聞きました。



「嫌いじゃないって言いましたけど、嫌いなんです
 よね?お母さんの事。」



あすかは言いました。



「好きとか嫌いとかじゃない。だって母親はどこまで
 いっても母親だから。どうあがいてもその人から
 生まれたという事実は動かない。枷ね。一生外せない
 枷。あの人の中には明確な幸せの理想像があって、
 そこに吹奏楽は入っていない。最初から。」

68d1a042.jpg

じゃあどうして吹奏楽を始めた久美子に、あすかは
「小1の頃だったかな。いきなり届いたの。ボロい
 ノートと手紙。そしてユーフォニアムが。


 それから少しして、近くにあった楽器店に
 ユーフォやってた店員さんがいるって聞いてね。



 やってみたら案外上手く吹けちゃってさぁ。けど、
 それがすごく嬉しくて。」
と話してくれました。
「漫画みたいな話ですね。」
と久美子は言います。あすかは話を続けました。



「でも、もちろんあの人は反対でさ。始めは我慢
 してたんだけど、一向にやめようとしない私と
 大喧嘩になって。それで、成績が悪くなったら
 すぐ辞めるって事になったんだ。


 ずっと好きな事を続けるために必死だった。だから
 周りを見ていつも思ってた。私は遊びでやってる
 わけじゃない。一人で吹ければそれでいいって。」



そしてふと
「バチがあたったんだよね。」
と言って、全国大会のホームページを久美子に見せ
ました。審査員の名前には、あすかの父親の
進藤正和の名前がありました。あすかは言いました。



「これで欲が出た。全国に行けば演奏を聴いて
 もらえる。それで・・・。」
 

久美子の頭の中に、関西大会前に部員達に対して話した
事や、希美の復帰に反対した姿が浮かびます。あすかは
自嘲気味に言いました。



「全部、私利私欲のため。で、その結果がこれ。まあ
 神様は見てるって事だよね。」



そして勉強を再開しようと言いますが、久美子はそんな
あすかに言いました。



「私、あすか先輩のユーフォが好きです!合宿の朝、
 先輩一人で吹いてましたよね。あの曲聞いて思ったん
 です。私、この音が好きだって。」



あすかは言いました。
「あの曲、新藤さんが作った曲なの。ユーフォと一緒に
 送られてきたノートに書いてあった。もしかしたら私、
 あの曲を黄前ちゃんに否定して欲しいのかもしれない
 なぁ。コテンパンにして欲しいのかも。」




しかし久美子は言いました。




「どうしてですか?私、大好きですよ!あの曲、
 暖かくて、何か優しくて。ずっと聞いていたいです!
 今、吹いて欲しいくらい!」



久美子に背中を向けながらその言葉を聞いたあすかは
久美子に向き直って言いました。
「黄前ちゃん、今日は珍しく積極的だね。」
久美子も
「あすか先輩が、いつもと違うんですよ。」
と言い返し、それに対してあすかは
「そっか、そうだね。」
と答えました。

134f549d.jpg

そして
「ねぇ、川行こっか!吹きたくなっちゃった。」
と言い出しました。久美子は嬉しそうに
「はい!」
と答えました。



久美子とあすかは、あすかがいつも練習している川辺
へ行きました。
「本当に聞きたいと思ってる?」
と聞くあすかに、久美子は
「はい。」
と何でそんな事を聞くのかというような返し方をします。



あすかはそんな久美子に言いました。



「黄前ちゃんはホント、ユーフォっぽいね。私、自分の
 事、ユーフォっぽくないってずっと思ってたんだ。
 だから黄前ちゃん見た時ビックリしたの。こんな、
 こんなにユーフォっぽい子がいるんだって。
 だからかな。話聞いて欲しいって思ったのは。」



あすかがその時久美子に向けた笑顔は、今まで見せた
事のないもので、
そしてあすかが奏でるユーフォニアムの音は、
どこまでも響いていくように聴こえました。

1f62c157.jpg

響け!ユーフォニアム2 9話感想 あすかのいろんな心情が明かされた回でした



サブタイトルが作品と同じものという事で
「これはすごい話が来る!」
と思って見ましたが、本当にすごい話でした。特に
後半はセリフの1つ1つがとても重いものに感じ
ました。



7話の母親とのやり取りから、たぶん父親が吹奏楽と
関わりがあるんだろうなとは思っていましたが、まさか
前話に出てきた「進藤正和」とは思いませんでした。



その父親からユーフォニアムが送られてきて、あろう事か
娘がそれをやり始めたのを見て、母親が快く思うわけじゃ
ないでしょうね。で、何としてもユーフォを続けるために
あすかは孤独な「戦い」を始める事になったわけです。



そして、あの「特別と評されるあすか」が出来上がった、と。



あすかが晴香や香織の事、吹部を大事に思っていた事は
確かだと思います。夏紀に全国での演奏を託したのも
そこから来るものでしょう。ただ一方で、好きな事を
やれるみんなを羨ましく思い、そのためにどこかで
一線を引いていたわけです。1期でトランペットのソロ
について「心の底からどうでもいい。」と言ったのは
僕はその場をごまかしただけかな、と思っていたの
ですが、まさに本心だったわけですね。



ただ、その緊張を保っている事にも限界があった。
だから全国大会の審査員に父親がいる事を知って、
隠していた弱さが出てしまった。本人曰く「欲が出た」
しかしその事を責める事はできないでしょう。誰でも
そういう気持ちはおこると思いますから。この回では
自分の弱さを隠すために自嘲気味に言っていますが、
ここで私利私欲を出す事のどこが悪い?と思いますし、
全部が全部私利私欲のためではないでしょう。



ここまで自分の心情を話したのは、久美子が初めて
でしょうね。なぜ、久美子に、だったのでしょうか。



鍵はやっぱり、「ユーフォっぽい」という言葉
でしょうね。



昨日からずっと考えていました。で、考えたのが
ユーフォニアムの吹奏楽における役割です。シロート
なりに考えましたが、ユーフォはチューバほどでは
ないですが、他の高音を担当する金管楽器や木管楽器
を下から支えて、一緒にハーモニーを奏でる役回り
かなと。



で、思ったのです。あすかは自分の弱さを認めて
支えてくれる存在が欲しかったのかなと。それを
久美子に求めたのかなと。



まあ久美子は素直な子なので、全国大会に向けた
あすかの想いの真相を知って、逆に非難してくるかも
しれない。それならそれで吹部の事もすっぱり
あきらめられる。でも、もしそうでないなら、
というのを期待したのかな、と思いました。



ただ、久美子が見せた反応は、あすかには予想外
だったでしょうね。非難するわけでもなく、「戻って
欲しい」というわけでもなく、本当にストレートに
「あすか先輩のユーフォ、好きです。」と言われる
とは思わなかったでしょう。



麗奈が評したように、本当に素直に、かつ相手が
痛いと感じている時に、ストレートに自分が感じた
事をぶつけてくるのです。「自分の見立てに
間違いはなかった」とあすかは感じたでしょうし、
それがあの「ユーフォっぽいね」という言葉に
つながったのでしょうね。自分の弱さも含めて
支えてくれる存在だと。



この回で述べられたあすかの心情に対する考察は
いくらでも書けるような気がしますが、長くなり
過ぎるのでここで止めておきます。しかし、久美子が
1期から見せていた「失言癖」がここにつながって
くるとは。あの言葉は見ているこちらの心も
揺さぶったし、本当に久美子はいい子だと思いますね。



ただ、今回はあすかの内面があすか自身によって
吐露されただけで、問題は解決してないんですよね。
でも、あすかは久美子の言葉で大きな勇気を得たんじゃ
ないでしょうか。母親と再度対峙する勇気を。


※12/8追記
 すみません。あすかを「鉄面皮」と書いていましたが、
 「鉄面皮」の意味を間違えてました。お詫びして
 訂正致します。



↓↓↓よろしければこちらをクリック
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


(関連記事)
 響け!ユーフォニアム2 8話感想 姉妹のお互いへの複雑な思いが描かれた話でした
 響け!ユーフォニアム2 7話感想 あすかの事情が初めて明かされた回でした
 響け!ユーフォニアム2 6話感想 閑話休題回。一方で滝先生の別の一面が見られた回でした。
 響け!ユーフォニアム2 5話感想 圧巻の演奏シーンでした!
 響け!ユーフォニアム2 4話感想 何か、心にしみてくる回でした
 響け!ユーフォニアム2 3話感想 久美子が重い荷物を背負っちゃった話でした。
 響け!ユーフォニアム2 2話感想 水着回!ですが、重い話でした
 響け!ユーフォニアム2 1話感想(後半) 早くもどこかギスギスした感じになりました
 響け!ユーフォニアム2 1話感想(前半) 期待に違わぬクオリティでした
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444518083

この記事へのトラックバック

響け!ユーフォニアム2 TokyoMX(11/30)#09
Excerpt: 第九回 ひびけ!ユーフォニアム 夏紀が久美子に尋ねる、私では不安?私は不安。母親が来た後にあすかから、直接夏紀に代役の可能性を告げられた。久美子の珍しい表情を尋ねる麗奈。多分、あすか先輩のことが悔しい..
Weblog: ぬる~くまったりと
Tracked: 2016-12-02 13:54

響け! ユーフォニアム2 第9話 「ひびけ!ユーフォニアム」 感想
Excerpt: タイトル回収!
Weblog: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記
Tracked: 2016-12-02 13:59

響け!ユーフォニアム2 第9話 『ひびけ!ユーフォニアム』 久美子なら(失言で)何とかしてくれる!?
Excerpt: なんか今回やたら「脚」描写多かったんですね。脚フェチ大喜び。  あすか先輩を連れ戻す大作戦!ユーフォチェンジはあすかも了承済み。本来なら出られて嬉しいはずの夏紀からの意外な提案。 久美子が..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2016-12-02 14:03

響け!ユーフォニアム2 #9
Excerpt: 久美子が、あすか先輩の家に招かれるお話でした。 滝先生のあすか先輩を全国のメンバーから外すという衝撃発言の後も、あすか先輩は吹奏楽部に顔を見せませんでした。 そんな中、あすか先輩の代わりを務め..
Weblog: 日々の記録
Tracked: 2016-12-02 15:48

響け!ユーフォニアム2 第九回 ひびけ!ユーフォニアム
Excerpt: そこかしこで「京アニの本気!」「作画凄すぎィ!」「神回!」とか言われてそうな回。確かに今までより一層高級な感じだったなあ。まあ僕にはレベル高すぎて演出の意図とか読み取れ無いから書かないが、なんだか..
Weblog: 悠遊自適
Tracked: 2016-12-02 18:31

響け!ユーフォニアム2  第9話
Excerpt: 重い、重いぞユーフォ2… 相変わらず、田中あすかこと黒パンスト六花副部長(ぇ?)の身の上話が続いております。 滝先生は、このまま六花(仮)が部活を続けられないならユーフォは中川さんに替えますと、ほぼ..
Weblog: 四十路男の失敗日記
Tracked: 2016-12-02 22:17

響け!ユーフォニアム~第9話感想~
Excerpt: 「ひびけ!ユーフォニアム」 あすかの代役の可能性を滝先生から伝えられた夏紀は、 香織が名づけたあすかをつれ戻す作戦を考える。 カギを返しに滝先生がいる職員室に向かう久..
Weblog: ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。
Tracked: 2016-12-02 22:46

響け!ユーフォニアム2 #09 「ひびけ!ユーフォニアム」
Excerpt: 作品タイトルをサブタイトルで回収・・・ 「響け!ユーフォニアム」の第9話。 このままあすかが部活に戻ってこなければ全国大会は代わりに夏紀が久美子と ステージに上がることに。 エースの欠場に動..
Weblog: ゆる本 blog
Tracked: 2016-12-04 03:11

響け!ユーフォニアム2 第九話  『ひびけ!ユーフォニアム』
Excerpt: 数日遅れで見ることができました。 この機会を与えてくれた人々に感謝です。 田中あすかのピンチヒッター中川夏紀の苦悩。 周りも心配しているし、中川夏紀自身の不安な模様。..
Weblog: 奥深くの密林
Tracked: 2016-12-04 13:41

響け!ユーフォニアム2 第9話「ひびけ!ユーフォニアム」
Excerpt: なんか今回やけにふとももアップが多かったような(*´Д`) ロリ時代あすか先輩かわゆす♪ あすか先輩のお家でお勉強会の日来る! ドタキャンにはならず開催です。 「あすか先輩を連..
Weblog: のらりんすけっち
Tracked: 2016-12-04 18:24