SHOW BY ROCK!!#(2期) 9話感想 話の本筋が大きく動き出した回でした

SHOW BY ROCK!!#(2期) 9話 ついにプラズマジカとBUD VIRGIN LOGICが対決!



SHOW BY ROCK!!#(2期)
9話の感想です。

dfc65511.jpg

前回は7話で新曲を完成させたシンガン
クリムゾンズがそれをひっさげてARCAREAFACTと
対決する回でした。



今回も楽勝と臨んだARCAREAFACTでしたが、
アンジェリカさん達に不正を暴かれ、不正なしで
戦う事になり、そこへ魂を込めたシンガンの新曲が
観客の心を打って、見事シンガンがリベンジを
果たしました。



一方、ARCAREAFACTのマネージャーが、対バン前は
オリオン達三人を焚き付けてそのメロディシアンを
ダーク化させ、不正がバレるとARCAREAFACTの資産
全部を奪って消えてしまうなど、その暗躍ぶりが
目立つ回でもありました。彼女は今後話の本筋にも
絡んでくるように思います。




今回は、いよいよプラズマジカがダガーの僚友
BUD VIRGIN LOGICと対決する回。ただ対戦相手の
BUD VIRGIN LOGIC内でも何やらある様子。
果たしてどうなったのか。



以下、9話のあらすじです。


スポンサーリンク





SHOW BY ROCK!! 9話 あらすじ





いよいよBUD VIRGIN LOGICとの対バン当日を迎えた
プラズマジカ。その練習スタジオにクリティクリスタの
メンバーがやって来て、BUD VIRGIN LOGICのボーカルが
闇の女王であると教えました。



理由を聞かれたロージアは、彼女が自分の学校の高等部に
いて、音楽室でピアノを弾いていたのを聞いたと話し、
「彼女の演奏を聴いた時、とんでもない闇の力を感じた。」
と言いました。音楽を憎んでいるみたいだった、とも。
新曲の事を話します。



ロージアは言いました。
「あんな演奏をされたら、きっとシアンさん達だって平気
 じゃいられないかもって思ったから。だから今日の
 対バン、止めるべきです。」



それに対してレトリーは
「そんな事、今更できるわけ・・・。」
と言い、チュチュも
「ええ、ご心配には及びませんわ。」
と答えました。



「でも、みんなで戦った方が。」
と言うロージアの手をとって、シアンは言いました。
「ロージアちゃん、ありがとう。でも、私達やらなきゃって
 思ってるの。私達プラズマジカは、みんなで全力で
 ぶつかってみようって決めたんだ。だからロージアちゃん、
 任せてくれないかな。」

9a7eaf71.jpg

ホルミーはその言葉を聞いて、ロージアに
「大丈夫ですよ。ロージア。シアンさん達に任せましょう。」
と言いました。ジャクリンやツキノも同じ意見でした。
ロージアも最後は納得して
「でも、もしプラズマジカさんに何かあったら、私達
 クリティクリスタが黙っていませんから!」
と言いました。



一方、BUD VIRGIN LOGICの三人を前にしてダガーは
「いよいよ対バンの日がやってくる。諸君、準備はできて
 いるかね?」
と聞きます。それに対してアイレーンは
「心配しなくても、我が心の準備なら既に整っているのだ。」
と返します。そしてダガーをつまみ上げて
「それより、貴様こそ先だっての戦いでは大敗を喫した
 のではなかったか?負けたくせに偉そうなのだ。」
と逆にダガーに言いました。

bbb74830.jpg

やがて下へおろしてもらったダガーはプラズマジカへ
リベンジし、その上でMIDICITY、サウンドプラネット、
サウンドコスモに君臨するようアイレーンに言い、
アイレーンも
「MIDICITYの輝きはまもなく消える。すべてが闇に包まれる
 のだ。」
と答えました。



ダガーは
「ほう、いいねえ、その自信。だが君は、なぜそこまで
 音楽を忌み嫌うのだ?」
と聞きますが、アイレーンは
「貴様には関係のないことだ。」
としか言いませんでした。



その後、屋上に出たペイペインとハンドレッコの二人は
話をします。ペイペインは
「アイレーン様が生み出される音楽、それはまさに至高の
 響き。私達は憧れ、敬い、これまでずっとにお傍に
 いさせて頂いた。ですが、この対バンでアイレーン様は
 相手のバンドをいえ、全てを闇に染める勢いで演奏しよう
 としている。今までとはわけが違います。ハンドレッコ。
 やはり一度きちんとお話を伺・・・。」
と言いますが、そこでハンドレッコが睡眠状態に入って
いる事に気付き、ハンドレッコを起こします。



睡眠状態から覚めたハンドレッコにペイペインは
「このままでは危険です。私達はもともとアイレーン様に
 拾われた身。今日までずっとお傍にお仕えしてきました。
 以前のアイレーン様はあれほどまでに音楽を憎むような
 方ではなかった。ですが、私、メイドごときが意見を
 言える立場では。一体、どうすれば。」
と言います。



ハンドレッコは
「確かにメイドの言う通り、マスターはあたい達にとって
 絶対的な存在。あたいだって昔のマスターに戻って
 欲しいさ。いくら叱られてもいい。あの頃に戻れるなら。
 強力するよ。メイド。」
と言います。その言葉に勇気付けられたペイペインは
アイレーンと話をする決意をしました。



その頃、メロディシアンアルマースを探す徒然なる
あやつり夢幻の三人。ダル太夫は頂上を目前にして休憩
する事を提案し、二人におむすびをあげました。



つかの間の休息をとる間、ダル太夫は夕焼けの空を
見ながら言いました。
「此度の敵はかなりの強者。皆で力を合わせ、何としても
 この星と音楽を守り抜かねばならぬ。」



その時、電話がかかってきました。キングからの電話
でした。そこでプラズマジカの対バンの話を聞いた
ダル太夫は、電話を切った後
「阿、吽。先を急ぐでありんす!」
と命じました。



そして対バン直前。



クリクリのメンバーは会場の楽屋にいました。
ロージアが、プラズマジカの事が心配で楽屋を覗きに
行きたいと言ったためでした。しかし途中でロージア達は
BUD VIRGIN LOGICのメンバーを見かけました。



アイレーンに心配であると伝えようと決めたものの、
ペイペインは迷っていました。ハンドレッコは
「無理さ。やはりマスターには逆らえない。」
と言ってなだめますが、ペイペインは
「これはアイレーン様のためでもあるのです。ここで
 躊躇するわけには・・・。」
と悩みを深めるばかり。



と、そこへロージアが
「そうよ!このままでいいはずがない!このままだと
 アイレーンの音楽のせいでMIDICITYの未来は
 メチャクチャになっちゃうのよ!それでもいいの?」
と二人に割り込んできました。



「黙れ!小娘!」
とペイペインは言いますが、ロージアは
「私は、MIDICITYが、音楽がなくなっちゃうなんて、
 絶対にイヤなの!」
と言い返し、二人に聞きました。
「アイレーンは、どうしてあんなに音楽を憎んでいるの?」


それに対し二人は正直な胸のうちを明かします。
ハンドレッコは
「あたい達にもわからないのさ。」
と言い、ペイペインも
「私達はマスターにお仕えする身。マスターには
 逆らえない。」
と言いました。



しかしツキノが
「そんなのおかしいの。間違っている事は間違ってる
 って言わないとダメなの。」
と言い、ジャクリンも
「そうやなぁ。」
と続いて言いました。



ハンドレッコは
「前はもう少し話ができた。」
と言い、ペイペインも
「ええ。しかしダガーと関わるようになってからと
 いうもの、音楽を憎む気持ちがますます強まると同時に、
 私達の言葉はアイレーン様に届かなくなってしまった。」
と言いました。



そこへアイレーンが現れました。
「何をしているのだ。小娘、まだコソコソと嗅ぎ
 まわっているのか?」



ロージアは負けじと
「教えて!この街の住人なのに、どうしてあなたは
 そんなに音楽を憎んでいるの?」
と聞き返しますが、アイレーンは
「ちっ、だから貴様らがそれを聞いたところでどうすると
 いうのだ。力のない者は黙って見ていればいいのだ。」
と冷たく返します。



それを聞いていたペイペインですが、
「やはりいけません!このままアイレーン様が演奏すれば
 MIDICITYは完全に闇に覆われ破滅してしまいます!」
と諫言します。ハンドレッコも
「マスター、メイドの言う通りさ。もうこんな事・・・。」
と言いかけます。



しかしアイレーンはこう言い放ちました。
「黙れ!今宵こそ我の野望を叶えるのだ!どうしても我を
 止めたければ、健全な音楽の力とやらで止めてみれば
 いいのだ。それが出来ればの話だが。」



そしてBUD VIRGIN LOGICの演奏が始まりました。



その演奏が持つ闇の力がダガーを包みます。
「おお!この力があれば、あの時の私に再び戻れる!」



ダガーは元の姿に戻りかけますが、完全には戻らず、
やがて小さな姿に返ってしまいました。
「ど、どうなっている!一体、何が足りないというのだ!
 おのれー!」



そしてプラズマジカの出番が来ました。四人は心を
一つにして言いました。



チュチュ:「自分を信じて!」
モア  :「みんなを信じて!」
レトリー:「音楽を信じて!」
シアン :「全力でぶつかろう!」

a00c99c4.jpg

そしてお揃いのピックを取り出して、四人で力強く
言いました。



「最高の演奏で、最高の笑顔を!」



プラズマジカの演奏が始まりました。この日に合わせて
作った新曲でした。



その頃、演奏を終えた後にアイレーンは二人に
「お前達!なぜ闇の演奏を奏でなかったのだ!」
と詰め寄りました。


しかしペイペインは言いました。
「アイレーン様、お聞き下さい。これまで私達は
 アイレーン様が信じる音楽ならと、ここまで
 ついて参りました。」



「だったらなぜ・・・」
と二人を叱りつけようとするアイレーンですが、
ペイペインは
「アイレーン様は変わってしまわれた!」
と言いました。
「ダガーに出会う前のアイレーン様は、自由奔放に
 ライブを楽しんでおられました。今でも心の底から
 音楽を憎まれているようには私には思えません。」



ハンドレッコも続きました。
「あたいはミューモロイドだけど、メロディシアンを
 持っている。三人で一緒に演奏している時、あたいの
 メロディシアンはキラキラと輝いたのさ。マスターの
 おかげでね。」




「お心に刺さった棘の理由を、私共にお話し下さい。
 どうかお一人だけで抱えないで下さい。」
ペイペインは必死でアイレーンに訴えかけました。



その気持ちがアイレーンのメロディシアンを浄化させ
ました。アイレーンは涙を浮かべながら、二人に笑みを
見せました。
「ペイペイン、ハンドレッコ。」

51f2e9d5.jpg

そして結果発表の時が訪れます。
しかしそこへダガーが割って入ります。
「結果などどうでもいい!役立たず者がぁー!」
と言ってBUD VIRGIN LOGICを包み込みます。



シアン達が気がついた時、そこにはダークモンスターが
いました。


SHOW BY ROCK!!#(2期) 9話感想 意外とアイレーン様は良い子でした



今回はプラズマジカとBUD VIRGIN LOGICの
対バンがメインの回でしたが、クリクリ、
特にロージアがその裏で頑張ってましたね。



アバンのところで、プラズマジカに
アイレーンがおそらく闇の女王だろうと
打ち明けた上で、プラズマジカの事を思って
対バンを辞退するように言ってみたり、
それを断られても、プラズマジカの事が心配で
何とかしなきゃ、と思うあたり、1期の頃とは
打って変わって良い子になってましたね。



まあ持ち味の「あざとさ」は捨ててない
でしょうが・・・。



一方でBUD VIRGIN LOGICの中でもアイレーン
とそれ以外の二人には気持ちのズレがありま
した。ペイペインやハンドレッコはダガーに
のせられて闇の力を広めようとしていた
アイレーンの事を心配していました。これは
意外でしたね。アイレーンを慕う気持ちは
前から描写されてましたが、ただ単純に
アイレーンに従うだけの存在だと思って
いたので。アイレーンには結構カリスマ性が
ありそうでしたしね。



ただアイレーンも以前は違う一面も持って
いた事を二人は知っていたわけで、その彼女
が闇色に染まっていくのはやはり不安ですよ
ね。これもベタですが、良い描写だと思います。



そして対バン前のクリクリ、特にロージアに
事情を聞かれる事で心を揺さぶられ、ついに
アイレーンに反抗して演奏中に闇の力を
出さないという手段に出るわけですが、
アイレーンにその事を叱責されて自分達の
心情を吐露するあたりも印象的でした。



そして二人の思いを知ってアイレーンの
メロディシアンが浄化され、元のアイレーン
に戻るわけですが、その前とうって変った
表情が良かったですね。投票中もサバサバ
した表情してたし。またアイレーンが
ちゃんとペイペイン達の思いに耳を傾ける
事のできる子だったのもわかったし、
ダガーのせいで怪物にさせられてしまい
ましたが、元の姿に戻ったアイレーンが
どんな表情を見せてくれるのか楽しみです。



一方のプラズマジカですが、この子達は
ブレないですね。ロージア達に止められても
逃げる事なく対バンに臨むし、演奏前に
いつものように自分達の力を出そうと誓い合う
あたりとかも、彼女達のブレなさ加減を感じ
ました。やはり「自分達の音楽の力を出せば
負けない」と信じてるし、同時に仲間たちの事
も信じてるんでしょうね。



で、新曲なんですけど、新境地を出すはず
だったのでは?とちょっと思いました。いつも
のプラズマジカらしい曲って感じで。まあ
対バンで例えばスローテンポの曲を演奏しても
とは思うので、これはこれでとも思います
けどね。



次はそんなプラズマジカが、音楽の力で
BUD VIRGIN LOGICを助ける回なのですかね。
ただ、例のマネージャーの事も気になります。
どんな話になるのでしょうか。



↓↓↓よろしければこちらをクリック
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


(関連記事)
 SHOW BY ROCK!!#(2期) 8話感想 マネージャーが暗躍する回でした
 SHOW BY ROCK!!#(2期) 7話感想 思わずホロリとしてしまう回でした。
 SHOW BY ROCK!!#(2期) 6話感想 シアンが曲作りに悩む回でした
 SHOW BY ROCK!!#(2期) 5話感想 いろいろ動き始めた回でした
 SHOW BY ROCK!!#(2期) 4話感想 意外なコンビが生まれた回でした
 SHOW BY ROCK!!#(2期) 3話感想 チュチュ達がお菓子作りで奮闘!
 SHOW BY ROCK!!#(2期) 2話感想 何とモアの正体は?!
 SHOW BY ROCK!!#(2期) 1話感想 バンドアニメ2期放送開始です!

この記事へのトラックバック