ステラのまほう 3話感想 いきなり合宿回でした!

ステラのまほう 3話 GWは珠輝の家で合宿です!



ステラのまほう 3話の
あらすじと感想です。

e5f12292.jpg

前回は珠輝が自分の描いた絵を見せようか
どうしようかという悩みを軸に描かれた
回でした。



椎奈のネガティブ指向(笑)、あやめの自分の
シナリオへの陶酔、歌夜のハマった時の周りの
見えなさ加減、そして裕実音の〇女子全開度合いと
まあまあ皆さん個性的な方ばかりですねー、
みたいな感じでした。



それを受けての3話。今度はあやめのプロットが
なかなか出来ない事に業を煮やした椎奈が合宿を
提案するところから始まります。



以下、3話のあらすじです。



ステラのまほう 3話 あらすじ



ゴールデンウィーク前のある日、椎奈は合宿を行う事を
提案します。あやめのプロット作りが遅れているため
でした。



「このまま遅れが重なるとメンバー間にもどんどん不和が
 たまり、 生徒会に活動実績不明で解散させられ、
 作品もこの部も完全に消え、



 同人ゲーム作り?ああ、思ったより大変で、あの頃は
 若かったなぁ。時間も自由に使えたっていうか・・・



 と、将来酒臭くていかんともしがたい昔話に変わるに
 決まっています。」
という椎奈。珠輝は
「想像がネガティブ過ぎませんか?」
と突っ込み。



という事で合宿をする事になりました。場所は、1年前は
椎奈の家でやったようですが、珠輝が自分の家ではどうかと
提案し、珠輝の家が合宿の場所になりました。



そして合宿当日、椎奈、あやめ、歌夜の三人が、珠輝の家に
やって来ました。椎奈は珠輝の家のPCのセットアップのため
の機材などを用意していました。



家に着いた三人は、家の大きさにビックリします。そこへ
珠輝のおばあちゃんが現れ、挨拶をしました。珠輝の父親は
単身赴任中で、母親もこの日は仕事のようでした。珠輝から
お茶をふるまわれてなごむ三人と、いつの間にか一緒にいた
裕実音。



早速、椎奈は珠輝の家のPCに持ってきた機材をセットアップ
します。
(これで絵をいっぱい描いてねって事かな・・・)
とプレッシャーを感じる珠輝。



SNS部が今度作るのはアドベンチャーゲームです。今はゲーム
の設計図を決める段階との事で、椎奈が早速プレッシャーを
かけて、あやめはプロット作りに入ります。



しかしなかなか思うように進みません。そこへ歌夜が現れて
「あのさ、プロットってそんな悩むもんじゃなくない?
 短編なんだしさ。」
と言います。そして
「暇だから変な曲作って、クライマックスで流しちゃうよ。
 さらにスネアの音、これに差し替えとかしちゃうよ。」
と言って、ししおどしの音をマイクで録音して、それを
流します。



すると、
「ししおどしで遊んどるのは誰じゃあ!!!」
と猛烈な剣幕でおばあちゃんが走ってきました。



一方、珠輝は裕実音からペンタブレットの使い方を教わって
いましたが、夕食が近いという事で裕実音は帰って行きました。



椎奈と二人きりになり、落ち着かない珠輝。何とかこの
雰囲気を変えようと、球輝はSNS部の名前の由来を
聞きました。椎奈によると、当時の部長から突然三人に
話を振られ、三人が部の名前になりそうな言葉を書いて、
クジの形で引いたら、三枚とも椎奈が書いたものになった
そうです。



結局、話は続かず、珠輝は再びペンタブを使って絵を
描きます。何とか猫の絵ができたところ、椎奈がその姿を
写真に撮っていました。



驚く珠輝に椎奈は、自分がSNS部に入った経緯を話し、
そして言いました。



「私はただこれからもみんなが退屈せずにいられる場を作って
 いければと思っているだけなので、クオリティの事は深く
 考えないで下さいね。ただの部活、といえば聞こえは悪い
 ですが、今後のためにもまずは一本完成させる事を重視して
 下さい。」




珠輝は椎奈とそんなやり取りをしながら、椎奈が少し後ろ向き
だけどロマンチストだったりお茶目だったり、でも真面目で、
といったいろんな面があって、見かけによらず面白い人だな、
と思うのでした。



あやめは何とかプロットを完成させました。夕食後、みんなで
それを見ていました。歌夜に促されて、珠輝が読み始めます。



「とある所のとある恋愛ゲームの世界に主人公サミュと彼と
 結ばれたばかりのヒロイン、ステラがおりました。しかし
 このゲームを遊んでいたプレイヤーがここでゲームを放置し
 1年が過ぎました。


 「誰も遊んでくれないこのゲームの中で続かないシナリオを
  待っているのはもう飽きた!ステラ、二人でここを逃げ
  だそう!」

 「言い忘れてたけど私、近くの物が強い感情を放つと、それ
  を口に出してしまうという不治の病にかかっているの。」

 
 
 サミュはこの病の治療法をステラと一緒に調べ回ります。
 しかしどうしても治し方がわかりません。定められた
 シナリオの外に初めて出たステラは、外の世界にある
 様々な感情にあてられて顔色も悪くなっていきました。



 自分のために奔走するサミュのことをステラは弱りつつも
 応援します。二人の間にはいつしか・・・



 「君さえよければ私これからもずっと君といたいと思う。
  これが好感度という名前なのかな。」



 サミュに決断が迫られる。しかし・・・



 「しまった!優柔不断でつい選択肢なんて出しちまった!
  プレイヤーに決定を委ねた所でこのゲームを遊んでくれる
  プレイヤーはもういないんだった!この選択肢は誰にも
  選べない。ゆえに僕はもうここから動けない!」



 サミュの冒険はここで終わってしまうのだった。」



「なんなんよー!このオチは!メタメタしい!」
とキレる歌夜。しかしあやめは
「それ、BAD END。続きあるから。」
と言って続きを読むよう促します。



「えーと、とある条件で、この先へ。



 「お困りのようだな、御仁。シナリオの理に背き我が道を
  貫くお主の姿、至極あっぱれであった。我も数多の物語
  の岐路と顛末を見届けた身。御仁の背を押さねば男が
  すたるという者だ!」」



と選択肢がいきなり動き出し、サミュとステラの物語は
ハッピーエンドになりました。歌夜はビミョーな印象を
持ったようですが、珠輝は嬉しい様子。あやめによると
「物事には全て裏表がある」
というのがテーマだとか。



それと珠輝のリクエストを取り入れて、おじさまが
「おめでとう、これからも見守っていくぞ。」
というセリフも付け加えようとしている様子。歌夜は
「ねえ、これ蛇足だよね!?何、このとってつけた感!」
と言いますが、球輝は
「すごくいいと思います!」
という感想。



なお、どこでトゥルーエンドにいくのか、バッドエンドに
いくのかについて、あやめはゲームを進めていくうちに
デスクトップにexeファイルが出てきて、ダブルクリック
するとトゥルーエンドにいくというのを考えていましたが、
椎奈と歌夜に即刻却下されました。



いずれにしろプロットとしてはこれでいく事にし、これを
ふくらませていく事になりました。そこにいつの間にか
裕実音が加わって、
「あとイケメン同士の絡みを入れて〇女子向けを狙うと。」
と意見をします。驚く四人。



一方、部室で朗読していたものについては規模が大きく
なり過ぎるのでやめたようです。裕実音が
「これですか?ご覧、レオントキルの夜露・・・」
と読み始めると、あやめが
「ストーップ!それ関係ないから!」
と止めようとすると、ふと部屋のドアが開き、
おばあちゃんが入ってきて、あやめはおばあちゃんに
突っ込んでいく形になりました。



「また、おみゃーらかぁ!!!」



こぼれたお茶などの始末で大変なので、裕実音も加えて
五人で銭湯へ行きました。銭湯では珠輝と椎奈が親し気に
話をしていて、あやめと歌夜はそれを微笑ましそうに
見ていました。



「百合、そういうのもアリかもしれないな。」
というあやめに反応し、裕実音は
「見損ないました。先輩、たまちゃんをそういう目で
 見ていたんですか!」と言いつつ珠輝に関する
 妄想発言連発。



こうして合宿初日の夜はふけていき、寝てしまった
先輩達を楽しそうに見届けて、珠輝はこの日教わった
ペンタブの復習に勤しむのでした。

1dad25e3.jpg

ステラのまほう 3話感想 プロット作りも大変ですね



という事で、いきなりの合宿回だったのですが、冒頭の
椎奈のネガティブなセリフには笑わせてもらいました。
SNS部の由来も全部椎奈が選んだ言葉から来てるとか、
どんだけネガティブやねんという感じです。



ただ、「みんなが退屈せずにいられる場を作っていき
たい」という椎奈の言葉には真面目さが伝わってきたし、
そういいつつも珠輝を気遣う言葉をかけるあたりは
優しい面もあるんだな、と思って、珠輝と同様に
面白い子だな、と思いました。



後半はあやめが作ったプロットの話でしたが、
BAD ENDのところは大笑いしました。「そんな終わらせ方
ありか?!」と。そこへ謎の介入者が現れて、ハッピー
エンドに持っていくあたりも「どないやねん。」と。



ただまあこれを膨らませていけば、確かに面白い
ゲームができるかもしれませんね。どういう形で
トゥルーエンドとバッドエンドを分けるのかは
気になるところですが。また、あやめは悩む事に
なるんでしょうね。



いきなりのお風呂シーンもあって、賑やかな回でした。
SNS部四人の役回りが少し見えてきた感じですが、
来週は新キャラも登場するので、どういう形で
関わっていくか楽しみです。



しかし、5話まで放送終わってるんだよなぁ。どこかで
追いつくかなぁ。


↓↓↓よろしければこちらをクリック
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


(関連記事)
 ステラのまほう 2話感想 思った以上に皆さん個性的でいらっしゃる
 ステラのまほう 1話感想 日常系アニメの感想始めます

この記事へのトラックバック