orange 7話感想 菜穂と須和が共闘 そして菜穂と翔は・・・

orange 7話感想 須和にも手紙が届いていた



今回はorange 7話の感想です。
ようやく追いついてきました。



前回、翔の後悔の話しを聞いて
どうにか翔を救いたいと思いつつ、
どうしたらいいかわからなくなっていた菜穂。



そんな菜穂の前に現れた須和が一言。



「手紙、届いた?」



以降、7話のあらすじです。


スポンサーリンク




orange 7話感想 ネタバレ



須和のもとにも10年後の須和から手紙が届いていました。
須和は菜穂に手紙を見せます。



須和の手紙には9月14日の翔の誕生日までに
翔から誕生日がいつかを聞き出して、
欲しいプレゼントを聞いておく事、と書いてありました。
10年後の須和達はあとになって翔の誕生日を聞いたため
誕生日を祝ってあげる事ができなかったようです。



新学期が始まったある日、
須和は唐突に翔に誕生日がいつかを聞きます。
いささか不自然な聞き方でしたが、
あずさ達がのってきて、
翔も9月14日が誕生日だと教えてくれました。




そして翔の誕生日にみんなでお祝いをする事になりました。



みんなが翔に何が欲しいかを聞き出そうとします。
あずさと貴子はサッカーのチケット。
萩田くんは「ソリゲリス」というギャグ漫画。



菜穂も翔に何が欲しいかを聞きます。
しかし翔は遠慮して教えてくれません。
その時、菜穂は翔がスポーツバッグを持っていない事に
気付き、翔にたずねます。



翔によると、引っ越しの時、もう部活動しないからと、
母親に捨てられてしまったとの事でした。



翔は「いいよ。高いし。」と言いますが、
菜穂は翔にスポーツバッグを買ってあげる事にしました。
しかし上田先輩がその話を聞いていて、
翔には自分がスポーツバッグを買ってあげる、と菜穂に告げます。
上田先輩は翔の事をあきらめていないようでした。



菜穂が反論しようとした時、
あずさと貴子が助けてくれます。



貴子は
「性格悪いから言いふらす。ミスつつじが後輩いじめてるって」
と上田先輩に言い放ち、
上田先輩は悪態をつきながらその場を去ります。



9月14日、教室で翔の誕生日パーティをしました。
みんながそれぞれ翔にプレゼントを贈ります。
菜穂からはスポーツバッグ。
翔は嬉しそうでした。



そんな中、須和は翔に花束を贈ります。
あずさ達は大爆笑しながら須和をからかいます。
菜穂は、引いていました。



須和は「いいだろ、翔が花束って言ったんだよ」と
花束を翔に渡し、
翔に「逃げんなよ」とささやきます。



翔は須和からもらった花束を菜穂に渡します。
他の4人は気をつかって教室の外へ出ます。



とまどう菜穂に、翔は話します。



「文化祭で女子三人の中で菜穂に一番告白したいって言ったけど、
俺は他に女子がどんだけいても菜穂だから。
自分で買った花じゃなくてゴメン。
でも、俺の気持ちは気付いてもいいよ。
返事はいいから。ただの告白だから・・・。」




二人のやりとりを遠巻きに見ながら、
須和は10年後の自分から送られた手紙の内容を思い出していました。



翔と菜穂のことをうまく応援できなかった事。
翔が亡くなって、菜穂が泣いている時、すごく後悔した事。
だから、二人の事をしっかり見守って欲しい。



それから数日後の放課後、須和は菜穂を呼び出し、
「菜穂の手紙に9月23日の事、書いてない?」
と聞きます。菜穂の手紙にはこう書かれてありました。



(「9月23日」
 ・これは、翔が亡くなった後に
  翔のおばあちゃんから聞いた話。
 ・この日、翔は自殺未遂をしたらしい。
 ・23日の前日、翔は東京の友達に会っていた。
  お母さんの事を話し、死んでしまいたい、と相談したらしい。
  でもその友達は冗談だと思い笑われたようだ。
 ◎翔の相談は私たちで聞いてあげて。)



動揺する菜穂に、
「俺が何とかするから、心配するな」
と須和は言って励ましてくれました。



科学室の掃除をしている時、
翔が窓の外を見ながら「ボーン」と言っていました。



菜穂が何をしているのか聞くと、翔は



「スーパーマンみたいにここから飛べたらいいのに。
そしたら母さんも助けてあげられたのに」



と答えます。
翔は明らかにいつもと様子が違っていました。



そして翔が日曜日に東京の友達に会う事を教えると
菜穂は「ダメ」と言います。



そこに須和が現れて
「会うのやめて俺らと遊べよ」
と言います。



須和はさらに
「お母さんの事で悩んでるんだろ?」と
聞きます。



翔は、みんなは大事な友達だから、
みんなといる時は笑っていたい、と答えますが、
須和は、翔が悩んでいる事を知らないで
笑っていたくないと言います。



そして単刀直入に聞きました。



「死にたいって考えたことある?」



翔は答えました。



「ある。毎日思う。俺のせいなんだ。
俺がめんどくさいって思ったから・・・
俺のせいで・・・母さんが・・・」



須和は翔を抱きしめながら、
「もう後悔すんな。お前は悪くない。」
と翔を慰めます。



二人の姿を見ながら、菜穂は思いました。



「翔にどう思われるかじゃない。伝えたい。
翔が必要と思われている事を。」



そして、菜穂は翔に言います。



「翔、死なないで。翔を失いたくない。
私も翔のことが好き。
好きだから、絶対にいなくならないで。」



翔は
「返事いらないって言ったのに。ありがとう。」
と笑って答えました。



orange 7話感想 翔の笑顔の奥の寂しさとは・・・



という事で、須和が菜穂と一緒になって
翔を救う事になりました。
菜穂にとっては心強かったでしょうね。



誕生日のくだりは面白かったです。
不自然に翔に誕生日がいつか聞くあたりとか、
みんなで翔の欲しいものを聞くあたりとか。



翔の菜穂への告白シーンまでは
すごくさわやかな感じがしました。



しかし、その笑顔の奥で
翔の後悔と、そこから来る精神的不安定は
深まっていました。



それを何とか止めようと
菜穂と須和が翔を説得するくだりは
ジーンとするものがありました。
これによって翔は自分の不安定さを
押しとどめる事ができました。



ただラストに菜穂のモノローグが入ります。



「翔は、いつも笑ってくれる。
けど、笑顔の奥のさびしさに、私は気付いていなかった。
本当の笑顔を翔に・・・いつか・・・」



それが今の菜穂のものなのか、
10年後の菜穂のものかはわかりません。



ただ言える事は、
問題は根本から解決できているわけではないという事です。



菜穂は、翔の寂しさを
癒す事が出来るのでしょうか。



8話は未視聴です。
これから見るつもりです。



余談ですが、松本山雅の事が出るとは
思いませんでした。
まあ松本が舞台で、
翔と須和がサッカーをしているわけですから、
松本山雅の事が出ても不思議ではないんですけどね。



↓↓↓よろしければこちらをクリック
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

(関連記事)
 orange 6話感想 つつじ祭大詰め! そして翔の死の真相が・・・
 orange 5話感想 須和の魅力が出た回でした
 orange 4話感想 すれ違う菜穂と翔・・・
 orange 3話感想 菜穂に恋のライバル現れる!
 orange 2話感想 菜穂、女子力高し! そして翔が・・・
 orange 1話感想 青春してるなぁって感じでした