orange 4話感想 すれ違う菜穂と翔・・・

orange 4話 前半は女子同士のドロドロ感、後半は菜穂と翔の会話のさわやかさが良いです



遅ればせながらの
orange 4話感想です。



前回、翔と上田先輩が付き合う事になってしまい、
菜穂は悲しい思いをする事になったのですが、



それを受けての今回は、
特にAパートでの菜穂と翔とが
なかなか一緒になれない様が描かれていて、
見ていて切なかったです。



以下、4話のあらすじです。



スポンサーリンク





orange 4話 あらすじ ネタバレ



26歳の菜穂達が、
翔の祖母のところに行くところから
4話は始まります。
前回、須和が提案した事を
5人は実行に移したのです。



場面は10年前に戻ります。



翔と上田先輩が付き合うようになり、
翔と他の5人は自然と疎遠になっていきます。
連休中も5人で遊んでいました。


菜穂は翔の事が気になって、
5人で話している時も上の空です。



連休明け初日、
菜穂は翔に下駄箱の前で声をかけられます。
翔はなぜ朝起こしてくれなかったのを聞きます。
そのせいで少し寝坊したとも。



菜穂は、上田先輩に悪いと思って
電話しなかった事と答えます。
お弁当も作ってきてない事も告げます。



翔は一瞬残念そうな顔をした後、
「今までありがとう。大変なのに俺の分も作ってくれて。
無理言ってゴメンね」
と答えます。



菜穂は翔を再び呼び止めますが、
そこに上田先輩が現れたため、
菜穂は「何でもない」と言って
走って去ってしまいます。



上田先輩は休み時間のたびに翔を呼びに来るようになり、
菜穂達5人との間はますます離れていきます。
あずさや貴子は上田先輩が苦手なようでした。



菜穂は、
「どうして自分の口からだめって
言わなかったんだろう」
と後悔していました。



手紙にはこう書かれてありました。
「・どうか翔が呼んだら、応えてあげて欲しい。
 ・待っているだけでなく
  自分から声をかけて欲しい」



しかし、菜穂は「無理だ」と
思ってしまいます。



ある時、先生から呼び出された時、
菜穂は1人でいる翔を見つけます。
翔も菜穂に気付きますが、
菜穂は気付かないふりをして走り去ろうとしますが、
翔が「話がある」と言って呼び止めます。



しかし、上田先輩が現れたため、
菜穂は走り去ってしまいます。



上田先輩にイヤな思いをさせて、
それで翔に迷惑がかかるのを悪いと思い、
菜穂は自分の気持ちを抑え込んでしまいます。



「あの時ああしていれば良かった。
それは未来にいるから言える事だ。
あとから思えば簡単な事。
でも、その時の自分は精いっぱいで、
上手くいかない事もあるんだって、
私は経験したんだ。」
そう心の中で言いながら。



その日から、
手紙の通り、菜穂は翔を避けるように
なってしまいます。



そして5月21日。手紙では、
「私が翔いバイバイと言った事で
翔と上田先輩がケンカしてしまう」と
書かれていました。



授業終了後、
菜穂は翔を避けるようにしますが、
翔は「バイバイ」と声をかけます。



手紙には
「あの頃、翔はずっと悩んでいたと後で知った」
と書いてありました。



それを思い出して、
菜穂や翔に声をかけようとしますが、
そこに上田先輩が現れ、
その時菜穂とぶつかってしまい、
菜穂は倒れてしまいます。



翔はそれを見て
「何やってんだよ!」と
上田先輩を責めます。



自分が責められると思っていなかったのか、
上田先輩は
「だって翔が悪いんじゃん! その子と話すから!
他の子と話ししないで!」と逆ギレし、
翔が菜穂に手を差し伸べるのを止めないのを見ると
「翔のバカ!」と言って走り去ってしまいます。



翔はそれを無視して菜穂をいたわりますが、
菜穂は「ゴメン」と言って走り去ってしまいます。



そんな菜穂の前に須和が現れ、
「逃げんなよ」と
菜穂に告げます。



菜穂は自分のせいで
翔と上田先輩がケンカになってしまった事、
もう今までみたいに話してはいけないと思っていた事、
ホントは話したい事があるけど、と
自分の気持ちを吐露します。



須和は、
「話くらいしてもいいと思うよ。
だってオレら、友達じゃん。」

菜穂を諭し、



翔が菜穂と話したいのに上手く声をかけられず
ヘコんでいたと伝え、



「菜穂が逃げてたら、翔が話できないだろ」
と菜穂の背中を押してくれます。



背中を押された菜穂は
翔を追いかけます。



そして校門前で翔を呼び止めて、
「大変じゃないよ。お弁当作るの。
私はすごく楽しくて、幸せだったよ。
この間声をかけてくれたのに、
応えてあげられなくてゴメン。話は何?」
と。これまでの想いをぶつけます。



翔は「遅いよ、菜穂。
もう何話したかったのか、忘れちゃった」と
笑顔で話し、
その後、2人は公園で話をします。



翔は上田先輩と別れようと思っている事を
菜穂に打ち明けます。
菜穂は「ケンカしたせい?」と聞きますが、
翔は「そうじゃない。菜穂がダメって言ったじゃん」と
返して、



「それに俺、先輩より気になる人、いるから」
と、菜穂にもう1つの事を伝えます。



菜穂は、
「それって、好きな人?」
と、思わず聞きますが、
翔は、


「ナイショ」
と笑顔で答えて、走り去っていきます。



そんな翔の後ろ姿を見送りながら、
10年前の私は、翔の気になる人が誰か
知っていたのかな、と思いを馳せるのでした。



orange 4話感想 須和に背中を押された菜穂の健気さが良かったです



いやぁ、前半部分は
見ていて辛かったですね。



菜穂が翔と話したいのに
話しちゃいけない、と
自分の気持ちを抑えようとするのが
伝わってきて。



手紙に書いてある通りにしたいのに、
「そんな事言われても」って感じでしたし。



「あとから思えば簡単な事。
でも、その時の自分は精いっぱいで、
上手くいかない事もあるんだって、
私は経験したんだ。」ってくだりは、
自分にも重なるものがありましたし。



また前半部分は上田先輩を中心にした
女子同士のドロドロしたところも伝わってきて、
やっぱり怖いなと思いましたね(汗)。



上田先輩はあけすけに彼女感を漂わせるように
している感じがして、
あざといなとも思いましたし。



その分、終盤の校門前からの
菜穂と翔のやり取りはすごくさわやかで、
好感が持てました。



また、なかなか勇気を出せない菜穂の
背中を押してあげる須和もいいですね。



しかし、翔の「気になる人」って、
見ている側からするとバレバレなんですが、
それを気付かない菜穂も
らしいと言えばらしいんですかね。



次回はorange 5話感想です。

↓↓↓よろしければこちらをクリック
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

(関連記事)
 orange 3話感想 菜穂に恋のライバル現れる!
 orange 2話感想 菜穂、女子力高し! そして翔が・・・
 orange 1話感想 青春してるなぁって感じでした